高島商工会(滋賀県)視察(22・2・17)




2月17日(水)滋賀県高島商工会のサービス部会の方々に視察に来ていただきました。
昨年の「新・がんばる商店街77選」を見て、得々商店街事業やはしご酒事業などに
関心を持っていただき、諏訪西の組合を視察先に選ばれたそうです。
当初は諏訪西組合の事務所でと考えていたのですが、参加人数47名とお聞きして
四日市商工会議所を貸していただき、午前10時半より視察開始となりました。

高島商工会は地域流通マネー「アイカ」を発行したり、お中元やお歳暮に時期に市内統一の
「ビッグセール」として抽選くじを使った販促活動を行ったりなど、熱心に活動をされている
商工会です
高島商工会サービス部会長    諏訪西組合後藤理事長    諏訪西組合野村副理事長   
 
一時間ほど資料(パワーポイント)を使って、野村副理事長が
1) 諏訪西商店街の概要
2) 得々商店街事業の活動報告・今後の課題
3) 防犯・はしご酒・交流館委託事業などの活動
4) 今後の商店街の活動
などを説明

パワーポイントでの説明の後、質疑応答の時間となり
組合が負担金をとらない状況で、いろいろの活動の
財政的な裏付けはどうなっているのか?

  ⇒ それぞれの事業ごとに会費と公的な補助金
    を組み合わせて運営している
花畑の土地の折衝はどのように行ったのか?
(ジャスコ跡地のチューリップ畑)

  ⇒花畑は地主にとってもイメージアップになる
    ので、快諾してもらった
こども四日市のイベントの場合第一回の開催時
の子供達への告知のやり方は?

  ⇒市の教育委員会に協賛してもらい、小学校
   経由で子供たち一人一人に配ってもらった

   子供達のネットワークも役立った

その後、理事長の先導の元、諏訪公園・2番街を案内し、ロワジールホテルで
食事をとり、次の視察場所に向かわれました