大阪で仏壇を処分するならどこが良い?

大阪を中心とした関西エリアで仏壇の処分ができる業者を徹底的に比較しました。
値段や口コミ、スタッフの対応などの項目別におすすめの業者をご紹介します。
仏壇を粗大ゴミとして処分するのではなく、魂抜き(閉眼供養)やお焚きあげを行うことができる仏壇処分業者もあります。
一括して1つの業者に依頼することで、費用を安くして、正しく処分することができますよ。

仏壇供養の一休

仏壇供養の一休
対応エリア 大阪・京都・兵庫・滋賀・三重・奈良・和歌山
種類 仏壇回収、魂抜き(閉眼供養)、仏壇処分、遺品整理、不用品回収など
24時間365日受付 ご供養証明書発行 料金が安い 見積り無料 遺品整理 魂抜き(閉眼供養)ができる

特長

POINT1丁寧なのに安い! 仏壇供養の一休の特徴はなんといっても仏壇処分の料金が安いこと! 安いのに作業は丁寧で、相談にも乗ってくれるので、仏壇処分の知識がない人も安心して依頼できます。
POINT2供養がしっかりできる業者 仏壇の処分のみを行う業者はたくさんありますが、仏壇供養の一休はその名の通りしっかり”供養”をしてくれます。 宗派に沿った形で魂抜き(閉眼供養)を依頼できます。 お坊さんがお仏像や位牌や遺影のお焚き上げをするサービスもありますよ。
POINT3不用品回収もできる 仏壇以外の不用品や粗大ゴミもまとめて回収をしてくれます。 お家のお片付けや整理整頓で不要なものが出た場合に便利です。

料金

仏壇本体の処分料金 7,000円(税抜)〜

※仏壇の大きさによって料金が異なります。魂抜き(お性根抜き)の料金 20,000(税抜)

事例

112cmの仏壇一基を供養させていただきました。

解体前
ご供養対象物 お仏壇、遺影、位牌
作業料金 38,500円(税込)
料金詳細 お仏壇一基(112cm) 12,000円
仏具 3,000円
御供養代 20,000円
さらに詳しく見る

遺品整理プロスタッフ

対応エリア 大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀
対応できる建物 仏壇回収、魂抜き(閉眼供養)、仏壇処分、遺品整理、不用品回収など
料金が安い 見積り無料 遺品整理 魂抜き(閉眼供養)ができる

概要

遺品整理を専門に行っている業者で、仏壇処分・供養も依頼できます。 ご自宅で供養をしたい人や、仏具や遺影もまとめて処分したい人におすすめです。 遺品整理プロスタッフには提携寺院があるので、菩提寺に処分を依頼できない場合も大丈夫!

さらに詳しく見る

クマダ

対応エリア 全国(一部離島を除く)
対応できる建物 仏壇回収、魂抜き(閉眼供養)、仏壇処分、仏壇クリーニングなど
ご供養証明書発行 見積り無料

概要

創業60年の老舗仏壇仏具メーカーが処分と供養に対応! 全ての仏壇に手を合わせる丁寧な供養と、仏壇職人が行う仏壇の解体が特徴です。

さらに詳しく見る

大阪片付け110番

対応エリア 大阪
対応できる建物 仏壇回収、魂抜き(閉眼供養)、仏壇処分、遺品整理、不用品回収など
24時間365日受付 クレジットカード対応 見積り無料

概要

仏壇処分から魂抜き(閉眼供養)まで最短1時間のスピード対応が自慢! 回収から供養まで一括で依頼できます。

さらに詳しく見る

金宝堂

対応エリア 全国(一部を除く)
対応できる建物 仏壇回収、魂抜き(閉眼供養)、仏壇処分、など
魂抜き(閉眼供養)ができる

概要

仏壇の専門店なので安心して依頼できます。 仏壇周りの付属品もまとめて処分できて、見ているだけで作業完了の楽ちん業者です。

さらに詳しく見る

仏壇処分供養.com

対応エリア 大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀
対応できる建物 仏壇回収、魂抜き(閉眼供養)、仏壇処分、
見積り無料 魂抜き(閉眼供養)ができる

概要

「お仏壇・墓石のいのり」が仏壇の処分・回収を行っています。 仏壇専門店だからできる丁寧な供養と、安い料金が特徴です。

さらに詳しく見る

浜屋

対応エリア 大阪・兵庫・奈良
対応できる建物 仏壇回収、仏壇処分、仏壇保管など
見積り無料

概要

仏壇・仏具の販売を行っている浜屋が、仏壇の移動や回収のサービスも行っています。 もちろん浜屋以外で購入した仏壇の処分も可能です。

さらに詳しく見る

ご供養仕舞いリセット大阪

対応エリア 大阪・関西圏
対応できる建物 仏壇回収、魂抜き(閉眼供養)、仏壇処分
魂抜き(閉眼供養)ができる

概要

仏壇供養の状況を動画で確認することができます。

さらに詳しく見る

ハロークリーンセンターの遺品整理

対応エリア 大阪・兵庫・京都・奈良
対応できる建物 仏壇回収、魂抜き(閉眼供養)、仏壇処分、
魂抜き(閉眼供養)ができる

概要

大阪・兵庫を中心に不用品回収を行うハロークリーンセンターが遺品整理を行っており、仏壇処分も可能です。 供養は合同ではなく仏壇一台ずつで、一律30,000円です。

さらに詳しく見る

サンコークリーンサービス

対応エリア 大阪・兵庫・奈良・和歌山・京都
対応できる建物 仏壇回収・仏壇処分

概要

産業廃棄物や不用品の回収をしている業者なので、大きな仏壇も処分可能です。

さらに詳しく見る

仏壇処分を行う理由って?

仏壇処分を行う理由は様々ですが、仏壇の行き場がなくなることが根本にあります。

例えば、引越しで一軒家からマンションに移り住む場合、マンションの限られたスペースでは仏壇を置くことが難しく、今までの仏壇よりも小さいおのを用意する必要があり、元々の仏壇を処分しなければいけなくなります。

また、仏壇の買い替えを行った場合、家の2つの仏壇を置くことはできないため、1つを処分する必要があります。

仏壇は大型のものも多く、処分は簡単ではありません。

そのまま粗大ゴミとして処分するのではなく、仏壇に込められた魂を正しい方法で供養する必要があります。

初めて仏壇処分を行う場合も、専門業者に一括して依頼することをおすすめします。

仏壇処分の方法は?

仏壇を処分する場合、地域のごみ処理の方法に合わせて捨てることは可能ですが、ご先祖様や仏様をお祀りしている仏壇をそのまま捨てることは抵抗感があるという方も多いですよね。

毎日手を合わせていた仏壇をごみとして処分するのはやっぱり気が引けてしまいますよね。

仏壇は正しい方法で供養して処分することが大切です。

仏壇の処分はお仏壇を購入したお店に依頼して、お焚き上げを行うことが一般的でしたが、何年の受け継いできたお仏壇は購入元のお店を見つけるのが難しい場合もあります。

また、近年では環境問題の観点からお焚き上げを避ける傾向もあります。

そのため、仏壇処分を専門で行っている業者に依頼する方法がベストだと言えるでしょう。

仏壇処分の専門業者であれば、宗派に合わせた供養方法と正しい処分を行ってくれます。

また、仏壇以外の仏具や位牌などの供養もまとめてできるところも多いので、信頼できる業者を探して仏壇処分を依頼しましょう。

仏壇処分業者には電話かメールで相談することができます。

自宅の仏壇の状況や、希望の処分方法などについて専門のスタッフに気軽に相談してみましょう。

仏壇は粗大ゴミ?

地域によっては仏壇は粗大ゴミとして処分することができます。

ただ、ご先祖様の魂がこもっている、毎日手を合わせてきた仏壇をゴミとして処分するのは避けたいですよね。

そんなときには仏壇をしっかりと”供養”してくれる業者を選ぶことが大切です。

魂抜きを行う供養は閉眼供養と呼ばれます。

一般的には、業者に依頼するか菩提寺に依頼することが一般的ですが、菩提寺には閉眼供養のみを依頼する形になります。

仏壇の引き取りや処分はまた別の業者に依頼することになります。

その点、閉眼供養もまとめてできる仏壇処分業者に依頼すれば、手間を省くことができるだけでなく、費用もおさえることができます。

仏壇を粗大ゴミとして扱うのは気が引けるという場合には、仏壇処分ができる業者を探しましょう。

仏壇処分の費用はどのくらい?

気になるのは仏壇処分の費用ですが、業者に依頼する場合、依頼の内容によって料金が異なります。

また、仏壇の大きさによっても料金が異なるため、見積もりをしっかりとって費用を確認しておくと安心でしょう。

仏壇処分の費用を知りたい場合、閉眼供養(魂抜き)を行うのか、仏具や位牌もまとめて供養・処分をしてもらのかについてもしっかり決めておきましょう。

また仏壇処分業者によっては不用品の回収や遺品整理ができる場所もあります。

ご自宅の状況に合わせて業者を選びましょう。

仏壇供養・仏壇処分・遺品整理をそれぞれ別の業者に依頼すると費用が高くなる可能性もあるので、できるだけ一括でまとめて依頼できる業者を選びましょう。

閉眼供養(魂抜き)とは?

閉眼供養(魂抜き)とは、仏壇や位牌を処分する際に僧侶が読経を行い正しく魂を送る儀式です。

閉眼供養(魂抜き)で仏壇やご本尊、位牌などに宿っている魂を抜くことで、手を合わせる対象ではなくなります。

魂が宿った状態のまま処分することはタブーとする宗教も多いため、自身で全て処分することは避けておきましょう。

ただし、位牌を準備しない宗派などもあり、閉眼供養(魂抜き)を行わない場合もあります。

仏壇供養や処分の方法に迷ったら、お寺に相談または業者に相談してみるのも一つの手段です。

仏壇処分にお布施は必要?

仏壇処分の費用の他に気になるのはお布施が必要かどうかです。

閉眼供養(魂抜き)で僧侶を呼ぶ場合、お車代とお布施を合計した金額を準備する必要があり、費用が心配になる方も多いですよね。

しかし仏壇処分業者に依頼する場合は、お布施も供養の料金の中に含まれていることもあるので、安心です。

お布施はいくらぐらい必要なのかを仏壇処分業者に相談してみるのもおすすめです。

見積もりや相談は無料でできる仏壇処分業者も多いので、どんな手順で供養や処分を行い、どれだけの費用が必要かを聞いてみましょう。

また、仏壇供養は宗派などの複雑な問題もあるため、電話相談ができる業者がおすすめです。

お布施についても直接質問・相談をしてみましょう。

仏壇処分の流れとは?

仏壇処分は、まず見積りをとるところから始まります。

仏壇処分業者を比較して探したら、一度電話かメールで仏壇の大きさやお家の状況などを相談してみましょう。

細かい内容を伝えたい、すぐに処分したいなどの場合は電話での相談がおすすめです。

仏壇を供養するのか、捨てるだけで良いのか、希望の処分方法ができる業者かも確認しましょう。

見積りの料金に納得ができたら、いよいよ処分を行います。

供養を行う手順は業者によって様々で、自宅に僧侶が訪れることもあれば、供養ができる場所まで業者が仏壇を運び出す場合もあります。

大きな仏壇で自分で運び出すことができない場合は、スタッフが運搬も行ってくれる仏壇処分業者を探しましょう。

供養や処分が済んだら証明書を発行してくれる業者もあります。

身近にあったものや魂のこもったものを処分すると、少し心寂しい感じがしてしまうという方は、証明書で形に残すのも良いかもしれません。