仏壇処分・供養ができる業者比較ランキング

栃木で仏壇を処分するならどこが良い?

栃木を中心としたエリアで仏壇の処分ができる業者を徹底的に比較しました。
値段や口コミ、スタッフの対応などの項目別におすすめの業者をご紹介します。
仏壇を粗大ゴミとして処分するのではなく、魂抜き(閉眼供養)やお焚きあげを行うことができる仏壇処分業者もあります。
一括して1つの業者に依頼することで、費用を安くして、正しく処分することができますよ。

仏壇供養の一休

対応エリア 大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・三重県・奈良県・和歌山県・三重県・福井県・愛知県・静岡県・長野県・岐阜県・岡山県・香川県・徳島県・山梨県・神奈川県・埼玉県・東京都・茨城県・千葉県・栃木県・群馬県・岡山県・広島県・島根県・鳥取県・山口県
種類 仏壇回収、魂抜き(閉眼供養)、仏壇処分、遺品整理、不用品回収など
24時間365日受付 年間3,000件対応 ご供養証明書発行 料金が安い 見積り無料 不用品回収 遺品整理 魂抜き(閉眼供養)ができる

特長

POINT1丁寧なのに安い! 仏壇供養の一休の特徴はなんといっても仏壇処分の料金が安いこと! 安いのに作業は丁寧で、相談にも乗ってくれるので、仏壇処分の知識がない人も安心して依頼できます。
POINT2供養がしっかりできる業者 仏壇の処分のみを行う業者はたくさんありますが、仏壇供養の一休はその名の通りしっかり”供養”をしてくれます。 宗派に沿った形で魂抜き(閉眼供養)を依頼できます。 お坊さんがお仏像や位牌や遺影のお焚き上げをするサービスもありますよ。
POINT3不用品回収もできる 仏壇以外の不用品や粗大ゴミもまとめて回収をしてくれます。 お家のお片付けや整理整頓で不要なものが出た場合に便利です。

料金

仏壇本体の処分料金 7,700円(税込)〜

※仏壇の大きさによって料金が異なります。魂抜き(お性根抜き)の料金 16,500円(税込)

事例

105cmの仏壇一基を供養させていただきました。

ご供養対象物 お仏壇、遺影、位牌
作業料金 32,000円(税込)
料金詳細 お仏壇一基(105cm) 9,000円
仏具 3,000円
御供養代 20,000円

口コミ事例もチェック! /

さらに詳しく見る

しんえい

特徴

POINT1:仏壇やご本尊などの焚き上げ供養に対応してもらえる

宇都宮市や壬生町など栃木県をエリアとした仏壇専門店・しんえい堂では、不要になった仏壇を責任持って処分してもらえます。また、仏壇やご本尊などの思いの詰まったものは、魂抜きや焚き上げ供養をしてもらえるため安心して依頼することが可能です。

 

POINT2:多くのお客様から評価されている

丁寧で親切なスタッフが多数在籍しているため、多くのお客様から高い評価をいただいている仏壇専門店です。フームページ上にもお客様の声が掲載されているので参考にしてみてください。

 

POINT3:LINEで相談することができる

メールや電話での相談はもちろん、LINEでの相談にも対応しているということが3つ目の特徴となります。気になることがあればすぐにチャットを投げかけられるので、仏壇処分に関してのお悩みを持たれている方は連絡してみると良いでしょう。

 

しんえい堂HP:

https://www.shinei-do.com

アジャスト

特徴

POINT1:仏壇はもちろん仏壇以外の物でも供養・処分してもらえる

アジャストでは、経験豊富な遺品整理士に仏壇を回収してもらうことができ、仏壇以外にも仏具や神棚、遺影、人形などの回収・供養にも対応してもらえます。僧侶に魂抜き供養をしてもらえるため安心です。

 

POINT2:供養証明書の発行により供養の完了を報告してもらえる

仏壇処分をしてもらう際には、しっかりと供養をしてもらえているのかと気になることも多いです。この不安を解消するために、アジャストでは、僧侶による供養が終了すれば、僧侶や寺院の名前、供養年月日を記載した供養証明書を発行してもらうことができます。

 

POINT3:年中無休で即日対応にも対応している

三つ目の特徴は、年中無休で24時間いつでもお問い合わせができること、また緊急の場合には即日対応も可能なことが挙げられます。そのため、どこか決まった時間帯しか時間が開けられないという方でも気軽に連絡をすることができます。

 

アジャストHP:

http://www.akaishi-sankodo.co.jp/75whatsnew/post_2.html

日本供養センター

特徴

POINT1:提携寺院があるため確実に供養をしてもらえる

日本供養センターでは、真言宗同源山・大蔵寺と提携しているため、確実に仏壇の供養をしてもらうことができます。ホームページにはどのような住職・僧侶に供養をしてもらえるのかを確認できます。

 

POINT2:最初から最後までを一社で進めてもらえる

日本供養センターでは、仏壇処分に必要となる作業の最初から最後までの全てを一貫して進めてもらえます。中間業者などが入らないため、思いの詰まった仏壇を乱雑に扱われる心配がありません。

 

POINT3:分かりやすい料金体系

分かりやすい料金体系であることが三つ目の特徴で、どの地域から仏壇を送っても、送料込みの同一価格にて処分をしてもらうことができます。料金が明確であるため、お金の面で不安になることはないでしょう。

 

日本供養センターHP:

http://nihon-kuyou.com/kuyou_b.html

EZURIN

特徴

POINT1:女性スタッフも数多く在籍している

EZURIINには、女性スタッフも多く在籍しています。そのため女性の方でも、安心して仏壇処分を依頼することができる業者と言えます。

 

POINT2:数多くのメディアに出演している

ラジオ、新聞、テレビなど数多くのメディアへ出演していることが二つ目の特徴です。数多くのメディアに出演しているということは、信頼のできる業者である証拠ですので、仏壇処分業者を選ぶ一つのポイントと言えるでしょう。

 

POINT3:LINEを使って簡単に相談や見積もりを依頼することができる

仏壇処分は滅多に行うことのない作業であるため、何をすべきなのか、どんな流れで進むのか、どれくらいの費用がかかるのかと不安になる方は多いです。EZURINでは、LINEで簡単に相談することができるため、悩みがあってもすぐに解決できます。

 

EZURINHP:

https://ezurin.co.jp

ひるた仏具店

特徴

POINT1:新しい仏壇を購入した場合に仏壇を処分してもらえる

ひるた仏具店では、新しい仏壇を購入した場合に、古い仏壇を処分してもらうことができます。栃木県で引っ越しをするなどのタイミングで仏壇買い替えを検討している方は、一度相談してみると良いでしょう。

 

POINT2:仏具などの処分にも対応してもらえる

仏壇をお持ちの方の大半が、仏具を一緒に持たれています。そのため仏壇処分をするとなれば、同時に仏具を処分する必要も出てくるでしょう。ひるた仏具店では、商品お買い上げ時に不要な仏具を持っていけば、処分をしてもらうことができるので、仏具処分の手間が省けます。

 

POINT3:創業から約40年間の歴史と実績がある

ひるた仏具店は、創業から40年近く、栃木県民のみなさまから評価を受けて営業を続けてきています。長い歴史の中で経験も豊富に蓄積しているため、安心して仏壇に関する一切を任せることができます。

 

ひるた仏具店HP:

https://www.hiruta-sanga.jp/company/

片付け堂

特徴

POINT1:仏壇処分を全て一貫して進めてもらえる

仏壇のような大きな物は、自治体や仏具店に回収を依頼するにしても、運搬や手続きに手間がかかることが多いです。片付け堂に処分を依頼すれば、仏壇の供養や運搬・処分をワンストップで行うことができます。

 

POINT2:仏壇以外にも遺品や人形の供養にも対応してもらえる

仏壇を処分する際に、可能であるならご先祖様の遺品や不要になった人形を処分したいという方もいらっしゃることでしょう。片付け堂では、故人の所有物や人形、お手紙などの供養にも対応してもらうことができます。

 

POINT3:見積り料、キャンセル料無料

片付け堂で、下見も含め見積もりにかかる料金は無料となっています。下見に来てもらい詳細な見積もりを提示してもらえる上、キャンセルをしてもキャンセル料がかからないという点が三つ目の特徴です。

 

片付け堂HP:

https://www.katazukedou.com/service/relics/memorial_service/

ひのや商店

特徴

POINT1:クレジットカードでの支払いに対応している

ひのや商店では、VISA、MasterCard、PayPalなど、クレジットカード決済に対応していることが一つ目の特徴です。現金のみという業者も多いので、カード払いができる点は魅力的ではないでしょうか。

 

POINT2:栃木県全域で無料出張査定をしてもらえる

栃木県であれば全域で、仏壇処分や不用品買取に関する出張処分・買取に対応してもらえます。電話をして自宅で待っているだけで良いので、手間をかけずに仏壇処分をすることにつながります。

 

POINT3:お客様の要望に応えてもらえる

ひのや商店の営業時間は9時から19時半までですが、電話での問い合わせをすればその他の時間帯に対応してもらうこともできます。なかなか予定をつけられないという方には安心のサービスと言えるでしょう。

 

ひのや商店HP:

http://hinoya-st.com/blogs/ihin014.html

不用品回収のセーフティ

特徴

POINT1:栃木県内365日24時間受付、最短30分以内での駆けつけが可能

不用品回収のセーフティでは、365日24時間受付に対応してもらえ、受付から最短30分以内に駆けつけてもらえるということが一つ目の特徴です。いつでも仏壇処分をお願いできるので安心して依頼することができます。

 

POINT2:仏壇処分実績が豊富

二つ目の特徴は、仏壇処分実績が豊富にあるという点です。仏壇は慣れていない方が不用意に扱うと壊れてしまうことも少なくありませんが、不用品回収のセーフティのスタッフに任せておけば、不安になることなく処分を進めてもらえるでしょう。

 

POINT3:仏壇供養にも対応してもらえる

不用品回収のセーフティは仏壇処分の専門業者ではありませんが、粗大ゴミとして処分することなく供養を行ってもらい丁寧に処分してもらえることが三つ目の特徴です。

 

不用品回収のセーフティHP:

https://tochigisafety.com/butsudan/

栃木片付け110番

特徴

POINT1: 明瞭で分かりやすい会計

一つ目の特徴は、「1立米あたり約10,000円(税込11,000円)」と非常に分かりやすい会計となっています。ですので、金銭面で不安になることはありません。

 

POINT2: 365日営業しており、即日対応も依頼できる

二つ目の特徴は、年中無休で営業しているという点です。忙しい方であれば突発的にしか時間を取れないということも多いかもしれませんが、無休営業かつ即日対応も可能なので急な場合でも安心して処分をお願いできます。

 

POINT3: 回収、廃棄処分、魂抜きまでワンストップで行ってもらえる

仏壇処分をするとなると、何をすれば良いのかよく分からないと悩む人も多いです。栃木片付け110番では、回収から廃棄処分、魂抜きまで全ての作業を代行してもらえるため、面倒な作業をする必要がありません。

 

栃木片付け110番HP:

https://tochigi-kataduke110ban.com/butsudan-kaisyu.html

仏壇処分.com

特徴

POINT1: 創業30年の歴史ある仏壇専門店

仏壇処分.com を運営する有限会社ルネサンスは創業30年の歴史ある仏壇専門店です。代表者の島様は仏壇処分に対する想いが非常に強く、お客様が仏壇を処分する際の想いに寄りそって丁寧な対応をしてもらえます。

 

POINT2: 疑問点・不明点に丁寧に対応してもらえる

仏壇に対する想いの強い業者であるため、疑問点や不明点があればいつでも親切に対応してもらうことができます。メールでの問い合わせは24時間受付てもらえますので、栃木県で仏壇処分に関する悩みがある方は相談してみると良いでしょう。

 

POINT3: 大きなサイズの仏壇処分にも対応してもらえる

仏壇のサイズは小さなものから大きなものまでさまざまです。大きなサイズは処分できないという業者もありますが、仏壇処分.comでは気にすることなく処分してもらえます。

 

仏壇処分.com HP:

https://www.butudansyobun.com/contents/faq/

———————

ご存知の方もいるかもしれませんが、仏壇は宗派によってそれぞれ特徴が異なります。

ここでは9つの宗派ごとの仏壇の違いについて解説したのち、仏壇処分をする上で宗派によって異なる仏壇の違いは影響するのかをご紹介していきます。

 

宗派ごとに異なる仏壇の特徴について

  1. 浄土真宗大谷派

開祖は親鸞で、本願寺派と合わせて日本で一番多い宗派である浄土真宗では、ご本尊に阿弥陀如来を祀ります。

仏壇は全体的に金色に輝く仏壇であり、仏具の飾り方としては、ご本尊に向かって右側に、十字名号「帰命尽十方無碍光如来」か、親鸞聖人の影像を、向かって飛騨あり側に九字名号「南無不可思議光如来」か、蓮如上人の影像を飾る点が特徴として挙げられます。

 

  1. 浄土真宗本願寺派

上述した大谷派とは別流の浄土真宗本願寺派ですが、ご本尊には大谷派と同じく阿弥陀如来を祀ります。

大谷派との違いとしては、ご本尊に向かって右側に、親鸞聖人の影像や十字名号を、向かって左側には蓮如上人の影像または九字名号を飾るという点が挙げられます。

 

  1. 浄土宗

開祖は法然の浄土宗では、仏壇は金仏壇であることが多く、ご本尊には、阿弥陀如来を祀ります。

仏具の飾り方としては、ご本尊に向かって右側に、高祖善導大師の掛け軸や仏像を、向かって左側には法然上人(圓光大師)の掛け軸や仏像を飾る点が特徴です。

また、浄土宗の仏壇の特徴としては、仏壇内部の最上段にある御本尊の真下に位牌をおくということも挙げられます。

 

  1. 天台宗

最澄によって日本に伝えられたという歴史がある天台宗のご本尊には、特に規定はありませんが釈迦牟尼如来を祀ることが多いです。

仏具の飾り方としては、ご本尊に向かって右側には天台大師(智賢)の掛け軸や仏像を、向かって左側には伝教大師の掛け軸や仏像を飾ることが特徴となります。

 

  1. 真言宗

空海(弘法大師)が開祖である真言宗のご本尊には、「智拳印」というポーズをしている大日大師を祀ることが特徴の一つです。

仏具の飾り方としては、ご本尊に向かって右側に弘報大師の掛け軸や仏像を、向かって左側に不動明王の掛け軸や仏像を飾るという点が特徴的です。

 

  1. 日蓮宗

日蓮により開かれた日蓮宗のご本尊には、大曼荼羅を祀り、仏壇の真ん中奥には大曼荼羅 を祀ります。

仏具の飾り方としては、ご本尊に向かって右側に、関東では大黒天の掛け軸や仏像を、関西では鬼子母神の掛け軸や仏像を飾り、向かって左側に関東では鬼子母神の掛け軸や仏像を、関西では大黒天の掛け軸や仏像を飾る点が特徴です。

 

  1. 曹洞宗

禅僧の道元が開祖である曹洞宗のご本尊には、釈迦牟尼仏を祀ります。

仏具の飾り方としては、ご本尊に向かって右側に、高祖道元禅師の掛け軸や仏像を、向かって左側には太祖瑩山禅師の掛け軸や仏像を飾る点が特徴です。

また、飾り方にはこれ以外にも、右側に承陽大師、左側に常済大師の掛け軸を飾る場合もあります。

 

  1. 臨済宗

栄西が開祖である臨済宗のご本尊には、釈迦牟尼仏を祀ります。

仏具の飾り方としては、ご本尊に向かって右側に、達磨大師の掛け軸や仏像を、向かって左側には観世音菩薩の掛け軸または仏像を飾る点が特徴です。

ただし、臨済宗妙心寺派は、向かって右側に開山無祖大師の影像を、向かって左側には花園法王の影像を飾ります。

 

  1. 時宗

鎌倉仏教のひとつでもある時宗の開祖は一遍で、ご本尊には阿弥陀如来を祀ります。

ご本尊に向かって右側に、開祖である一遍上人を、向かって左側には真教上人の掛け軸を飾る・が特徴です。

真教上人とは、一遍が亡くなった後に時宗が滅びかけた時に再興のために尽力した人です。

 

宗派ごとに仏壇処分の方法は異なる?

基本的には、宗派関係なく仏壇の供養をして処分するという流れに変わりはありません。

しかし稀に例外的な宗派があり、浄土真宗大谷派・本願寺派は少し変わった仏壇の処分方法をとります。

では、どのような違いがあるのかについて簡単に解説していきます。

 

・浄土真宗では「根性入れ」「根性抜き」供養を行わない

多くの宗派では、仏壇を購入した際には仏様やご先祖様の魂を宿すために「根性入れ」供養が、仏壇を処分する際には、この宿した魂を天に召して感謝を表すために「根性抜き」供養が行われることが一般的です。

しかし、浄土真宗では、人は亡くなればすぐに天に召されるという考えが為されるために、根性入れ供養や根性抜き供養を行いません。

その代わりに、仏様やご先祖様の居場所を遷すという意味合いのある「遷座法要」という儀式が行われるのが基本的です。

 

自分の宗派に沿ったお寺で根性抜き供養をしなければならない?

次は、根性抜き供養は、同じ宗派のお寺さんに根性抜き供養を依頼しなければならないのかという点についてです。

結論から言うと、宗派に沿ったお寺さんやお坊さんに根性抜き供養を行ってもらわなければいけないということはありません。

宗派が違うとは言っても、基本的な考え方は同じであるため、こだわりがない限りはどの宗派のお寺さん・お坊さんに根性抜き供養をお願いしても良いのです。

しかし先述した通り、浄土真宗のみ少し考え方が違いますので、浄土真宗を信仰している方は同じ宗派のお寺さん・お坊さんに根性抜き供養をお願いすることが無難でしょう。

 

おすすめの根性抜き供養の方法とは?

1.宗派に沿ったお寺(菩提寺)での根性抜き供養

宗派によって多少ですが根性抜き供養の流れや手順が異なります。

そのため、宗派に沿った正確な根性抜き供養を行ってもらいたい場合には、菩提寺(檀家として日頃から関わりのあるお寺)や同じ宗派のお寺での根性抜き供養をお願いすることがおすすめです。

菩提寺があるという方であれば、身近なお寺さん・お坊さんに依頼ができるため安心して任せることができるというメリットがあります。

 

2.仏壇処分業者による根性抜き供養

仏壇処分業者にはさまざまなタイプの業者がありますが、中にはお寺さんと提携して根性抜き供養も代行してもらえるという業者もあります。

二つ目におすすめしたいのは、この仏壇処分業者に根性抜き供養をお願いするということです。

こちらのメリットとしては、親しみのあるお寺がなくても依頼できること、根性抜き供養だけでなく回収や処分など一切の業務を代行してくれることなどが挙げられます。

ただし、提携しているお寺が複数あることは滅多にないため、宗派ごとに異なる根性抜き供養に正確に対応してもらえることは難しいかもしれないので、ご自身の宗派にこだわりのある方には、同じ宗派のお寺さんを探すことがおすすめです。