仏壇処分・供養ができる業者比較ランキング

広島で仏壇を処分するならどこが良い?

広島を中心としたエリアで仏壇の処分ができる業者を徹底的に比較しました。
値段や口コミ、スタッフの対応などの項目別におすすめの業者をご紹介します。
仏壇を粗大ゴミとして処分するのではなく、魂抜き(閉眼供養)やお焚きあげを行うことができる仏壇処分業者もあります。
一括して1つの業者に依頼することで、費用を安くして、正しく処分することができますよ。

仏壇供養の一休

対応エリア 大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・三重県・奈良県・和歌山県・三重県・福井県・愛知県・静岡県・長野県・岐阜県・岡山県・香川県・徳島県・山梨県・神奈川県・埼玉県・東京都・茨城県・千葉県・栃木県・群馬県・岡山県・広島県・島根県・鳥取県・山口県
種類 仏壇回収、魂抜き(閉眼供養)、仏壇処分、遺品整理、不用品回収など
24時間365日受付 年間3,000件対応 ご供養証明書発行 料金が安い 見積り無料 不用品回収 遺品整理 魂抜き(閉眼供養)ができる

特長

POINT1丁寧なのに安い! 仏壇供養の一休の特徴はなんといっても仏壇処分の料金が安いこと! 安いのに作業は丁寧で、相談にも乗ってくれるので、仏壇処分の知識がない人も安心して依頼できます。
POINT2供養がしっかりできる業者 仏壇の処分のみを行う業者はたくさんありますが、仏壇供養の一休はその名の通りしっかり”供養”をしてくれます。 宗派に沿った形で魂抜き(閉眼供養)を依頼できます。 お坊さんがお仏像や位牌や遺影のお焚き上げをするサービスもありますよ。
POINT3不用品回収もできる 仏壇以外の不用品や粗大ゴミもまとめて回収をしてくれます。 お家のお片付けや整理整頓で不要なものが出た場合に便利です。

料金

仏壇本体の処分料金 7,700円(税込)〜

※仏壇の大きさによって料金が異なります。魂抜き(お性根抜き)の料金 16,500円(税込)

事例

105cmの仏壇一基を供養させていただきました。

ご供養対象物 お仏壇、遺影、位牌
作業料金 32,000円(税込)
料金詳細 お仏壇一基(105cm) 9,000円
仏具 3,000円
御供養代 20,000円

口コミ事例もチェック! /

さらに詳しく見る

江原佛具店

特徴

POINT1:誰でも仏壇処分に対応してもらえる

江原佛具店では、持ち込みまたは新しいお仏壇の購入で、仏壇処分を行ってくれます。料金は三辺の合計サイズ100cm〜で6,600円、350cm~で44,000円という値段となっています。

 

POINT2:地元広島のお仏壇屋

江原佛具店は、広島の福山市で創業以来、45年以上になる老舗のお仏壇屋です。地元密着型ならではのサービスで広島の方の「祈りのときを創出」してくれます。仏壇処分を頼むなら地元の老舗の方が安心できるという方におすすめです。

 

POINT3:広島の福山市なら仏壇回収に来てもらえる

通常は、持ち込みでしかお仏壇の引き取りを行っていませんが、店舗のある広島の福山市に限り回収にも対応してもらうことが可能です。広島の福山市にお住まいの方は、是非一度ご連絡してみてはいかがでしょうか。

 

江原佛具店HP:

https://fukuyama-ehara.com/

 

小さいお仏壇の専門店BUSSE(佛誠堂)

特徴

POINT1:本店は広島の福山市の久松通り商店街にある「佛誠堂」

BUSSEの本店は、広島の福山市の久松通り商店街にある「佛誠堂」という仏壇専門店で、広島に創業以来35年以上の歴史を誇る老舗仏壇店です。ですので、仏壇処分の際は、本店である佛誠堂に運びこみます。

 

POINT2:お仏壇を購入すれば格安(無料)で仏壇処分ができる

仏壇処分だけということはできませんが、お仏壇を購入した方に限り、格安で仏壇処分をすることができます。購入金額や処分するお仏壇のサイズ次第では無料になることも。お仏壇の買い替えを検討されている方におすすめです。

 

POINT3:ミニ仏壇の専門店

BUSSEはミニ仏壇の専門店です。仏壇処分を検討している方の中には、お仏壇のサイズでお困りの方も多いことでしょう。そのような方は、ミニ仏壇などのサイズの小さいお仏壇に買い替えて、サイズの大きいお仏壇は処分するのも良いかもしれません。

 

小さいお仏壇の専門店BUSSE(佛誠堂)HP:

https://www.butudan.jp/

  

三村松

特徴

POINT1:広島で150年以上の営み

三村松は、1865年に広島に創業して以来、150年以上の歴史があります。長きにわたってお仏壇に関わってきたことで培われてきた知識は、お仏壇のことで困っている多くの方を支えてきました。

 

POINT2:仏事コーディネーターが数多く在籍(2017年1月の時点で37人)

三村松には数多くの仏事コーディネーターが在籍しています。仏事コーディネーターとは、お仏壇のことをはじめ、仏教と仏壇仏具、また、それらを取り巻く「仏事」全般に関する豊富な知識を持った資格者のことです。

 

POINT3:「安らぎの心」の提供

三村松では「おかげさま」「ありがとう」「しあわせ」という三つの心をテーマとした、安心マークをシンボルに掲げ「安心仏壇」の名前でお仏壇を提供しています。「ご縁」を大切にしながら、「安らぎの心」の提供に努める社風であるため、仏壇処分を任せたくなることでしょう。

 

三村松HP:

http://www.mimuramatsu.co.jp/

 

音羽屋

特徴

POINT1:仏壇供養・処分が可能

音羽屋は、お仏壇の洗浄・クリーニング・修理・塗替えの専門店ですが、お仏壇の供養・処分も行っています。運び出しから、供養・処分まで全て執り行ってもらえますので、自分で行わなければいけない作業を最小限に抑えることができます。

 

POINT2:広島全域での仏壇処分に対応

音羽屋は、広島市に所在地を置く会社です。サービスの対応地域は広島全域にわたり、広島の方であればどなたでも利用することができます。広島以外にも、山口県の一部地域はサービス対応地域です。

 

POINT3:仏壇処分だけでなく、クリーニングや修理もできる

今までお世話になってきたお仏壇を、なるべく処分せずに使っていきたいという方もいるでしょう。音羽屋は「泡洗浄」という特許技術を持っていますので、どんなお仏壇でも新品同様に蘇らせることが可能です。

 

音羽屋HP:

https://otowaya-web.jp/ 

 

ひょうま

特徴

POINT1:分かりやすい料金設定

ひょうまでは、お仏壇の三辺(幅、高さ、奥行)合計の長さと、移動距離の二つで仏壇処分費が決まります。分かりやすい料金設定なので、安心して利用することが可能です。ただし、2階から1階への運び下ろしや、特殊な作業が必要となる場合には追加料金が発生します。

 

POINT2:70年以上の信頼

ひょうまは、1948年に島根に創業しました。広島では1971年に三次市に店舗を出店しています。70年以上にわたって、島根と広島の人々に寄り添って築いてきた信頼と実績があるので、安心して仏壇処分を任せることができるでしょう。

 

POINT3:心に寄り添う対応

ひょうまは、お仏壇を単なるモノとして扱うのではなく、ご先祖様の御霊を祀る場所として、どこよりもていねいに真心こめて扱うことを何よりも大切にしています。このような心に寄り添う気持ちを持ったスタッフが対応してくれます。

 

ひょうまHP:

http://www.hyoma.net/

 

安芸リサイクル

特徴

POINT1:安心の定額パックプラン

安芸リサイクルのパック料金は、他社では別料金になるような搬出作業費・お掃除作業費・スタッフ追加料金・車両費・出張費・エアコン取り外し費用が全て込みの料金となっています。お見積り後の追加料金の心配がなく、安心して利用できます。一人一人の状況にあった最適なプランを提案してくれます。

 

POINT2:女性スタッフの同行が可能

仏壇処分を検討されている方で、女性で一人暮らしの方など、男性スタッフのみでの作業に不安を覚える方もいるのではないでしょうか。安芸リサイクルでは、女性スタッフも同行して作業をしてもらうことも可能なので、そのような方でも安心することができます。

 

POINT3:各種クレジットカード、電子決済に対応

安芸リサイクルは、各種クレジット、電子決済に対応しています。急な出費が厳しい方や、ポイントを貯めてお得に仏壇処分をしたいとお考えの方にはおすすめです。

 

安芸リサイクルHP:

https://aki-risaikuru.com/index.html

 

遺品整理のティプロ

特徴

POINT1:365日24時間対応可能

遺品整理のティプロは、365日24時間対応を行っています。忙しくて営業時間中に依頼をすることが難しい場合や、近所の方に知られないように夜中に作業をしてもらいたいというようにお考えの方にとって便利なサービスです。

 

POINT2:遺品整理士が案内

遺品整理のティプロでは、遺品整理士という資格を持ったプロが案内してくれます。仏壇処分だけでなく、遺品整理全般の相談をまとめて行うことができるので、遺品整理をしようと考えている方にもおすすめです。

 

POINT3:リサイクル品を買取してもらえる

遺品整理のティプロはリサイクル業者ですので、仏壇処分をする前に、価値のあるものはリサイクル品として買取してもらうことができます。お仏壇の中には、高価で価値のある素材が使われていることもあり、お得に処分できる可能性があります。

 

遺品整理のティプロHP:

https://ihinseiri.world/

 

株式会社アース

特徴

POINT1:お仏壇の魂抜き(閉眼供養)を行ってもらえる

不用品回収業者では、お仏壇の魂抜き(閉眼供養)は自分で手配しなければならないことが多いですが、株式会社アースでは、お仏壇を引き取ってもらった後、提携しているお寺で魂抜き(閉眼供養)を行ってくれます。

 

POINT2:創業38年の実績と信頼

株式会社アースは、広島に創業して以来、38年もの長い間、広島の不用品回収業者として地元の方に寄り添ってきました。その実績と信頼により、安心して仏壇処分を任せることができます。

 

POINT3:LINEでの相談が可能

若い方ですと特に、メールや電話でのやり取りが面倒だと感じる方も多いのではないでしょうか。株式会社アースでは、電話やお問い合わせフォームはもちろんのこと、LINEでの相談も可能となっているので、気軽に仏壇処分の相談をすることができます。

株式会社アースHP:

https://www.7777.co.jp/

 

遺品整理本舗

特徴

POINT1:リーズナブルな価格設定

遺品整理本舗では、15,000円~仏壇回収を行っており、遺品整理業界の中ではリーズナブルな価格設定と言えます。詳しい料金が気になる方は、ぜひ一度お問い合わせしてみてください。

 

POINT2:追加料金で魂抜き(閉眼供養)も対応可能

お寺へのお布施代として、別途10,000円を支払うことで、お仏壇の魂抜き(閉眼供養)にも対応してもらえます。自分で手続きをするのが面倒だという方は、一緒にお願いするのが良いでしょう。

 

POINT3:創業20年の実績

遺品整理本舗は、遺品整理業者としては長い20年という期間にわたって、広島全域の遺品整理に携わってきました。ご先祖さまと、ご家族のことを一番に考える、気持ちの良い姿勢で、地元広島の住民からの口コミも高いです。

 

遺品整理本舗HP:

http://www.ihinseiri-honpo.jp/

  

えびすサポート

特徴

POINT1:即日対応可能

えびすサポートは広島の地域に密着してサービスを展開しています。そのため、広島であれば即日対応可能な場所も多く、問い合わせしてすぐに仏壇回収に来てもらえます。早急に仏壇処分をする必要がある方は、一度ご相談してみてください。

 

POINT2:+αの対応力

仏壇処分以外の事も対応してもらえます。例えば、倉庫の解体処分、植木を抜いての処分、ゴミ屋敷の処理や引っ越しの手伝いをしてほしいなども対応可能です。まずはお気軽に相談してみると良いでしょう。

 

POINT3:ネットで即日対応可能かどうか確認できる

急ぎの際に、即日対応が可能かどうかを電話で確認するのは煩わしいことです。えびすサポートでは、HP上にて、その日に即日対応が可能かどうか知らせてくれているので、問い合わせる必要なく確認することができます。(場所や時間帯によっては、即日対応ができない場合もあります。)

 

えびすサポートHP:

https://ihin-ebisu.com/

—————————

広島は、世界で最初に原爆の被害を受けた都市として世界的にも有名です。

平成8年(1996年)には原爆ドームがユネスコの世界遺産リストに登録され、世界中から広島を訪れる人に、平和とは何かを教えてくれています。

そんな平和を愛する広島の方は、ご先祖様を祀っているお仏壇のことも大切にする方が多いですが、やむを得ない理由で仏壇処分をしなければならなくなる時もあります。

そこで今回は、仏壇処分をする際、ご先祖様を丁重に扱うためにも行いたい「閉眼供養」について解説していきたいと思います。

 

「閉眼供養」とは

閉眼供養(へいがんくよう)は、別名「魂抜き(たましいぬき・たまぬき)」「性根抜き(しょうねぬき)」「御魂抜き(みたまぬき)」とも言い、地域や宗派によって呼び方が違います。

閉眼供養とは、お仏壇やお墓に祀られているご先祖様の魂を、お仏壇やお墓から抜くことを指し、この閉眼供養を行うことで、お仏壇はただの物体になるので処分できるようになります。

浄土真宗では「遷仏法要(せんぶつほうよう)」と呼び、意味合いが少し異なりますが、同じような供養が存在します。

閉眼供養はお仏壇の処分や移動の際に行われるだけでなく、お墓の処分や移動の際にも必要になる供養です。

もしこの閉眼供養を行わなければ、お仏壇の中にご先祖様の魂が残ったままの状態となるので、その状態で仏壇処分をしてしまうのはご先祖様に対して不敬となってしまいます。

閉眼供養をするかどうかは本人の考え方次第になってくるとは思いますが、お仏壇を家に置いているご家庭のご先祖様は、仏教の信者であったはずですので、ご先祖様の意志を尊重するのであれば、閉眼供養は行うべきだと言えます。

 

閉眼供養のポイント

閉眼供養とは具体的に何をするのかについて、簡単に説明すると、僧侶の方が家に来てお仏壇の前でお経を読むという行為なのですが、ご先祖様のことを思って、より良い閉眼供養を行うためには押さえておきたいポイントがいくつかあります。

 

・閉眼供養を行うタイミングを決める

まず、閉眼供養を執り行うタイミングについてです。

例えば、冠婚葬祭では六曜を気にかけて日程を決めるのが通例ですが、閉眼供養にもそのように、適した日取りというものがあるのかどうか気になる方もいるでしょう。

結論から言えば、閉眼供養は弔事には当たらないため、六曜は関係ないとする考え方が一般的です。

縁起を気にされるような方は、閉眼供養の際にも仏滅を選ぶ方が多いですが、何よりも大切なのは、なるべく多くの家族や親族が集まることのできる日程で閉眼供養を行うということです。

そのためにも、あらかじめお仏壇を処分する旨を親族全員で話し合って決め、その際に閉眼供養の日程まで決めてしまうのがよいでしょう。

 

・閉眼供養の準備

閉眼供養をする日時を決めたら、僧侶の方を家に呼ぶために連絡をとります。

通常は菩提寺(普段お世話になっているお寺)に連絡をして、閉眼供養をお願いすることが多いですが、菩提寺が分からない場合や、コンタクトをとることが難しいような場合は、仏壇処分をしてもらう予定のお仏壇専門店や業者が、閉眼供養を行ってくれるお寺と提携を組んでいる場合もあるため、連絡してみると良いでしょう。

その際には、ぜひこの記事でご紹介している内容も参考にしてみてください。

僧侶の方に、閉眼供養をしていただくために必要な仏具も揃えておきましょう。

 

・閉眼供養の費用について

閉眼供養に必要なお金は、僧侶の方に渡すお布施の代金になります。

どのくらい遠くから来てもらうかにもよりますが、一般的には1万円程度のお布施が必要になります。

地域や宗派によっても異なりますので、あらかじめ尋ねておくのもおすすめです。

お布施をお渡しするのは、閉眼供養が終わってからで、お茶菓子を出したり、雑談をしたりする前に渡すのが良いでしょう。

この時に気を付けておかなければならないのは、お布施を封筒に入れてそのまま渡すのは無礼になってしまうという点です。

袱紗(ふくさ)と呼ばれるお金を包む際に使われる四角い布に包むか、より丁寧にそれを切手盆と呼ばれるお盆の上にのせて、僧侶の方に渡すようにしましょう。

 

閉眼供養はきちんとポイントを押さえて行おう

閉眼供養は、ご先祖様の魂をお仏壇から抜くという大切な供養です。

仏壇処分をする際や、お墓を閉める際には必ず行うようにしましょう。

また、お仏壇を移動する際や、買い替えをする際にも閉眼供養を行うことで、ご先祖様をないがしろにすることなく進めることができます。

閉眼供養を行う上でのポイントは、なるべく多くの家族や親族が集まれタイミングで執り行うこと、僧侶の方に渡すお布施を無礼の内容に渡すことです。

これらのポイントをきちんと押さえて、より良い閉眼供養を行うようにしてください。