仏壇処分・供養ができる業者比較ランキング

山梨で仏壇を処分するならどこが良い?

山梨を中心としたエリアで仏壇の処分ができる業者を徹底的に比較しました。
値段や口コミ、スタッフの対応などの項目別におすすめの業者をご紹介します。
仏壇を粗大ゴミとして処分するのではなく、魂抜き(閉眼供養)やお焚きあげを行うことができる仏壇処分業者もあります。
一括して1つの業者に依頼することで、費用を安くして、正しく処分することができますよ。

仏壇供養の一休

対応エリア 大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・三重県・奈良県・和歌山県・三重県・福井県・愛知県・静岡県・長野県・岐阜県・岡山県・香川県・徳島県・山梨県・神奈川県・埼玉県・東京都・茨城県・千葉県・栃木県・群馬県・岡山県・広島県・島根県・鳥取県・山口県
種類 仏壇回収、魂抜き(閉眼供養)、仏壇処分、遺品整理、不用品回収など
24時間365日受付 年間3,000件対応 ご供養証明書発行 料金が安い 見積り無料 不用品回収 遺品整理 魂抜き(閉眼供養)ができる

特長

POINT1丁寧なのに安い! 仏壇供養の一休の特徴はなんといっても仏壇処分の料金が安いこと! 安いのに作業は丁寧で、相談にも乗ってくれるので、仏壇処分の知識がない人も安心して依頼できます。
POINT2供養がしっかりできる業者 仏壇の処分のみを行う業者はたくさんありますが、仏壇供養の一休はその名の通りしっかり”供養”をしてくれます。 宗派に沿った形で魂抜き(閉眼供養)を依頼できます。 お坊さんがお仏像や位牌や遺影のお焚き上げをするサービスもありますよ。
POINT3不用品回収もできる 仏壇以外の不用品や粗大ゴミもまとめて回収をしてくれます。 お家のお片付けや整理整頓で不要なものが出た場合に便利です。

料金

仏壇本体の処分料金 7,700円(税込)〜

※仏壇の大きさによって料金が異なります。魂抜き(お性根抜き)の料金 16,500円(税込)

事例

105cmの仏壇一基を供養させていただきました。

ご供養対象物 お仏壇、遺影、位牌
作業料金 32,000円(税込)
料金詳細 お仏壇一基(105cm) 9,000円
仏具 3,000円
御供養代 20,000円

口コミ事例もチェック! /

さらに詳しく見る

まごころ整理

特徴

POINT1:遺品整理士による丁寧な処分

国家資格でもある遺品整理士資格を取得しているスタッフが仏壇処分を行ってくれるため、丁寧に作業を進めてくれると安心できることが一つ目の特徴です。また、全ての作業を「まごころ整理」のスタッフが行ってくれるため、疑問点やお困りごとがあってもすぐに対応してくれます。

POINT2:仏壇処分以外の依頼も可能

仏壇処分はもちろん、仏壇屋人形の供養、故人の遺品の整理などさまざまなことに対応してくれることが二つ目の特徴です。仏壇処分に関わる一切の作業を、全て一括で引き受けてくれるので手間がかかりません。

POINT3:引越し作業にも対応してくれる

仏壇処分をする方の中には、引越しにより持ち運べないからという方もいることでしょう。「まごころ整理」では、引越し作業の手伝いも依頼することができます。引越しはハードな作業となりますので、仏壇処分を依頼するのと同時に、引越しの手伝いも依頼することもおすすめです。

まごころ整理HP:

http://www.magokoro-seiri.co.jp/organize/

山梨遺品整理センター

特徴

POINT1:親しみやすいスタッフが在籍

山梨遺品整理センターには、親しみやすいスタッフさんばかりなので、分からないことがあれば何でも気軽に聞けることが大きな特徴です。女性スタッフも充実しており、希望をすれば、見積もりから作業の終了までを女性スタッフに対応してもらうこともできます。

POINT2:山梨県生まれの企業

山梨県の企業であり、提携している企業も数多くあります。そのため、仏壇処分や供養、その他どんな作業を依頼しても、適切な業者による対応を手配してもらえるということが二つ目の特徴です。

POINT3:報告書を作成してもらうことも可能

どのように仏壇処分を進めたのか、どのような業者が関わったのかなどを報告書にまとめてもらうこともできるのが三つ目の特徴です。

山梨遺品整理センターHP:

https://ihinseiri-yamanashi.jp/blog/1769/

朱宮神仏具店

特徴

POINT1:仏壇処分費用が安くなる

朱宮神仏具店で仏壇を購入した場合に限りますが、古い仏壇の取引料・処分料がサービスされるということが一つ目の特徴です。引取と仏壇処分・供養を合わせて1万円程度で収まることもあります。

POINT2:山梨県密着の老舗仏具店

山梨県にて130年余りの歴史があることが二つ目の特徴です。先祖を大切に想う気持ちに対する共感度合いが高く、仏壇処分の一つ一つの工程を、真心を込めて進めてくれます。

POINT3:供養完了後には、葉書で知らせてもらえる

供養が完了すれば、住職より葉書にて供養完了の知らせが来ます。業者に依頼する場合は、本当に処分を進めてくれているのか目に見えず不安になることも多いですが、葉書による知らせがあると無事に完了したと分かるため安心ができます。

朱宮神仏具店HP:

https://www.shumiya.co.jp/gokuyo/index.html

ご供養仕舞いリセット

特徴

POINT1:供養の様子を動画で確認できる

仏壇引取り後、供養場にてお坊さんにより、仏壇、位牌を一つずつ魂抜き供養(閉眼供養)をしてもらえます。供養全体の様子は動画でいつでも無料でご確認できることが一つ目の特徴です。

POINT2:すべての作業を社内スタッフで完結してくれる

梱包から回収は下請けの運送会社ではなく、すべて「ご供養仕舞いリセット」の専門スタッフに行ってもらえるため安心です。また、搬出物が仏壇や位牌とわからないように、目隠し梱包・保護をして搬出してもらえます。

POINT3:「御供養証明書」を発行・郵送してもらえる

お坊さんによる供養が終了すれば、「ご供養証明書」を発行して郵送してもらえます。証明書の内容としては、供養年月日、導師様名、寺院名、ご依頼内容などが記載され、希望をすれば、供養中の個別写真も添付してもらうことが可能です。

ご供養仕舞いリセットHP:

https://reset-soul.com/

パルシステムの住まいとくらし

特徴

POINT1:仏壇以外の不用品も整理・処分してもらえる

不用品整理のプロが、遺品などの整理や処分のサポートをしてくれます。仏壇以外にも処分すべきものがある際には、他の整理業者を探す必要がなくなるため手間を削減することが可能です。

POINT2:リユース可能なものは処分費用がかからない

仏壇などを処分する際に、再利用ができると判断されたものは費用をかけずに拐取してもらうことができます。引っ越しなどの際に仏壇処分をするのであれば、仏壇以外のものも一緒に見てもらうとお得に処分をできることにつながるでしょう。

POINT3:仏壇処分はもちろん供養の依頼も可能

仏壇や不用品の処分を依頼できることはもちろん、閉眼供養を依頼することも可能です。

パルシステムの住まいとくらしHP:

https://www.pal-system.co.jp/house-and-life/environmental-arrangement/

万葉堂

特徴

POINT1:仏壇購入で処分費用が割引される

仏壇処分だけを依頼する場合は、1万円〜3万円程度の処分費用と運搬費がかかりますが、仏壇を購入した場合には、割引もしくは無料での仏壇処分が可能ということが一つ目の特徴となります。

POINT2:日蓮正宗の仏壇・仏具店

「万葉堂」は、日蓮正宗専門の仏壇・仏具店です。そのため、日蓮正宗の方は万葉堂での仏壇処分を依頼することで、安心して仏壇処分を進めてもらうことができるでしょう。

POINT3:注文フォームやメール、電話、FAXにて見積もり可能

注文フォームやメールといったインターネット上ではもちろん、電話やFAXでのお問い合わせや見積もり依頼が可能であることが三つ目の特徴です。どの方法でも、午前9時から午後9時まで問い合わせることが可能です。

万葉堂HP:

https://www.manyodo.co.jp/guide.html

四国仏壇

特徴

POINT1:プロ2名による丁寧な搬出作業

仏壇の搬出には、クロネコヤマトの『らくらく家財宅急便』が使われます。プロ2名が、配送にも使用する梱包資材を使って梱包・回収をするため、丁寧な作業を安心して見ていることが可能です。

POINT2:格安の仏壇処分費用

仏壇処分にかかる費用が安いことが二つ目の特徴です。処分費用が大きさごととなっているため、小さな仏壇を処分したいという方でも安価な料金で処分することができます。

POINT3:数多くのお客様から評価されている

四国仏壇では、仏壇の購入・処分ともに数多くのお客様から利用され、評価されています。価格の安さやスタッフの親切さで評価されていることが多いです。

四国仏壇HP:

https://dyso-se.co.jp/merit/merit06.html

ルミエール

特徴

POINT1:他店と比べて圧倒的な安さ

ルミエールでの仏壇処分は、他店と比べて約3分の1以下(ルミエール調べ)。ヤマト運輸との特別契約を結んでいるため安価な料金での処分が可能となり、仏壇以外の処分費用も最安となるよう設定されています

POINT2:仏壇以外にも本尊や位牌の供養も可能

ご先祖様の魂が入っている仏像や位牌などの供養にも対応してもらえることが二つ目の特徴となります。お寺さんとお付き合いがなく、仏具まわりの処分に困っているという方にはおすすめです。

POINT3:供養後の証明書発行

仏壇の供養や、本尊や位牌の供養後に証明書を発行してもらうことができます。寺院での焚き上げを行わないまま廃棄する業者もいるため、「竹寶山永楽寺」にて供養・焚き上げを行い、証明書を発行してくれるルミエール点は魅力的な特徴の一つです。

ルミエールHP:

https://www.lumiere8.com/service/hikitori.html

遺品整理プログレス

特徴

POINT1:お客様満足度93%以上

遺品整理士人認定協会により、有料事業所として認定されている遺品整理プログレスは、お客様満足度が93%以上(楽天リサーチ調べ)という特徴のある業者になります。

POINT2:最短10分から駆けつけ

即日対応も可能であり、問い合わせから最短10分で到着をすることが二つ目の特徴となります。すぐに仏壇処分をしたいという方は、遺品整理プログレスに問い合わせてみると良いでしょう。

POINT3:相談・見積もりだけの連絡も可能

仏壇処分業者を比較する上で、ネットに載っている情報だけでは検討することは難しいです。遺品整理プログレスでは、無料で相談や見積もりをすることができ、他社との相見積もりを取ることもできます。

遺品整理プログレスHP:

https://www.ihinseiri-progress.com/area/yamanashi/

不用品回収ルート

特徴

POINT1:対応の良いスタッフが多数在籍

不用品回収ルートには対応の良いスタッフが多数在籍しています。利用したことがない方であっても、最適なプランや最安なプランがどれなのかを提示してくれるため満足のいく仏壇処分を進めることが可能です。

POINT2:不用品回収の実績が豊富

年間20,000件もの不用品回収の実績がある上、お客様満足度も97.5%の高さを誇るため、安心して仏壇処分を依頼することができます。

POINT3:安価な料金での回収が依頼できる

見積もり料や出張料が無料であることはもちろん、仏壇の大きさによって処分の料金が決まり、他社と比較して安価な料金で回収してもらえることができます。

不用品回収ルートHP:

https://www.pvjapan.org/items-list/buddhist-altar/

————————

山梨県は持ち家比率、一戸建住宅比率が高めであり仏壇所有者も多い
山梨県は持ち家比率が約70%と全国と比較して住宅を所有している人が多めです。

またその中でも、一戸建住宅比率は約75%を超えており、住宅を持っている方の大多数が一戸建住宅に住んでいるという特徴のある都道府県でもあります。

そのため他の都道府県と比べても住宅あたりの面積が広く、住宅内に仏壇を設置している方も多いです。

とはいえ、より都心部に出たいという若者も多いため、子ども世帯が山梨県から県外へ転出し、手入れする人がいなくなりやむなく仏壇を処分するという決断をされる方も少なからずいます。

仏壇処分の方法とは

  1. 菩提寺に仏壇処分を依頼する
  2. 仏具店に仏壇処分を依頼する
  3. 仏壇処分専門業者に仏壇処分を依頼する
  4. 遺品整理業者に仏壇処分を依頼する
  5. 不用品回収業者に仏壇処分を依頼する
  6. 自治体の粗大ゴミとして処分する

仏壇の処分方法としては、自ら処分を進めていく方法と業者に依頼して任せきりで処分を進めてもらう方法との2通りとがあります。

ここではより細かな処分方法をあげていきますので、どの方法で仏壇処分をするのが良いのかの参考にしてみてください。

1.菩提寺に仏壇処分を依頼する

一つ目に紹介する処分方法は、檀家として日頃からお世話になっているお寺(菩提寺)に処分を依頼するということです。

檀家であれば、菩提寺に仏壇処分をお願いすることは容易く、仏壇の供養から処分までの全ての作業に対応してもらうことができます。

しかし、どれくらいの費用がかかるのかが明確ではないということや、常日頃から檀家としての務めを果たす必要があるという点がデメリットとして挙げられるため、手間をかけずに処分を進めたいという方や、いくらかかるのか明確に知りたいという方は、この後に紹介する方法を検討してみることがおすすめです。

2.仏具店に仏壇処分を依頼する

二つ目に紹介する方法は仏具店に処分を依頼するという方法で、多くの場合、新しい仏壇を購入した場合に古い仏壇を処分してもらうことができます。

仏壇の回収はもちろん、閉眼供養や焚き上げ供養などの儀式までを対応してくれる仏具店がほとんどなので、山梨県で仏壇の買い替えを検討しているという場合には利用を検討してみると良いでしょう。

費用面はお店によってさまざまですが、数千円〜1万円程度で供養を含めた仏壇小分を行ってくれるお店があったり、中には、無料で仏壇処分を引き受けてくれるようなお店もあったりしますので、買い替える際には処分費用を大きく軽減できる可能性もあります。

3.仏壇処分専門業者に仏壇処分を依頼する

三つ目の方法は、仏壇処分を専門としている業者に依頼をするということです。

仏壇処分の経験が豊富であり、寺院と提携している業者も多いためスムーズに仏壇処分を進めてもらうことができます。

また、仏壇処分を専門としているため実績・経験が豊富であり、素早く作業を進めてもらいながらも丁寧に仏壇を扱ってもらうことも可能です。

料金体系としても比較的安価であり、明確にかかる費用を提示してくれる業者も多いので、安心して仏壇処分を進めたいという方に最もおすすめなのが仏壇処分専門業者を利用した仏壇処分と言えます。

4.遺品整理業者に仏壇処分を依頼する

四つ目の方法は、遺品整理業者に仏壇処分を依頼するという方法です。

遺品整理業者の多くが、遺品の供養をするために寺院と提携しているため、仏壇や仏具の供養にも対応してくれることが多いです。

また、遺品整理業者で働くスタッフの多くが、残された家族が故人を想う気持ちを大切にしているという特徴もあるため、仏壇処分の際にも同様にご先祖様に対する感謝の気持ちを汲み取り、丁寧に作業をしてくれることにも繋がります。

費用面では、仏壇処分専門業者と同じく比較的安価に処分をしてくれる業者が多いです。

5.不用品回収業者に仏壇処分を依頼する

五つ目の方法は、不用品回収業者に仏壇処分を依頼するという方法です。
不用品回収業者を利用するメリットとしては、仏壇以外のものもまとめて処分してもらうことができる点にあります。

引っ越しの際などには大きな家具を処分することもよくあるはずですが、不用品回収業者を利用することで、仏壇とともにタンスやベッドのような家具の処分もまとめて行うことができるため便利です。

また、上述した四つの方法と比べて安価に処分ができるということもメリットではありますが、供養を行ってくれる不用品回収業者は多くはないということが懸念点として挙げられます。

6. 自治体の粗大ゴミとして処分する

仏壇が処分できればどんな方法でも良いという方には、自治体に粗大ゴミとして出すという方法も一つ考えられます。

メリットとしては、非常に安い値段で処分ができ、手続きも簡単でスムーズに仏壇処分を進められるという点があります。

具体的な費用で言うと、自治体を利用した仏壇処分では、基本的には5千円もかかリマせん。

しかし、全ての自治体で仏壇処分に対応してもらえるわけでないことや、世間一般的に、仏壇を粗大ゴミとして処分することに良い印象を持たれないことも多いです。

また、粗大ゴミとして処分するため供養に対応してもらうことはできないので、もし丁寧に供養をしてから処分がしたいということなら、別途、供養業者を探す必要性が出てきます。

 

仏壇処分をする際には「どんな目的で処分をするのか」を大切に

古くなった仏壇を買い替えたいという方や、引っ越しに伴って新居に置くスペースがないという方、またそもそも仏壇に対してさほど重要性を感じていないという方など、仏壇処分をする理由は人によってさまざまです。

この記事では、6つの処分方法について解説してきましたが、買い替えをしたいという理由であれば仏具店での仏壇処分が、引っ越しをする場合には、仏壇処理専門業者を利用した仏壇処分が、そして、単純に仏壇が不要であるのであれば、不用品整理業者や自治体での仏壇処分が適しているというように、仏壇処分をする理由によって、最適な処分方法は変わってきます。

ですので、山梨県で仏壇処分を検討中の方は、どんな目的で仏壇処分をするのか、何を大切にして仏壇処分をするのかを明確に持った上で、仏壇処分業者を選んでいくようにしてください。

この記事で解説した、6つの仏壇処分の方法の違いとおすすめの仏壇処分業者を参考にして、山梨県で納得のいく仏壇処分を進めてみてはいかがでしょうか。