仏壇処分・供養ができる業者比較ランキング

奈良で仏壇を処分するならどこが良い?

奈良を中心としたエリアで仏壇の処分ができる業者を徹底的に比較しました。
値段や口コミ、スタッフの対応などの項目別におすすめの業者をご紹介します。
仏壇を粗大ゴミとして処分するのではなく、魂抜き(閉眼供養)やお焚きあげを行うことができる仏壇処分業者もあります。
一括して1つの業者に依頼することで、費用を安くして、正しく処分することができますよ。

仏壇供養の一休

対応エリア 大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・三重県・奈良県・和歌山県・三重県・福井県・愛知県・静岡県・長野県・岐阜県・岡山県・香川県・徳島県・山梨県・神奈川県・埼玉県・東京都・茨城県・千葉県・栃木県・群馬県・岡山県・広島県・島根県・鳥取県・山口県
種類 仏壇回収、魂抜き(閉眼供養)、仏壇処分、遺品整理、不用品回収など
24時間365日受付 年間3,000件対応 ご供養証明書発行 料金が安い 見積り無料 不用品回収 遺品整理 魂抜き(閉眼供養)ができる

特長

POINT1丁寧なのに安い! 仏壇供養の一休の特徴はなんといっても仏壇処分の料金が安いこと! 安いのに作業は丁寧で、相談にも乗ってくれるので、仏壇処分の知識がない人も安心して依頼できます。
POINT2供養がしっかりできる業者 仏壇の処分のみを行う業者はたくさんありますが、仏壇供養の一休はその名の通りしっかり”供養”をしてくれます。 宗派に沿った形で魂抜き(閉眼供養)を依頼できます。 お坊さんがお仏像や位牌や遺影のお焚き上げをするサービスもありますよ。
POINT3不用品回収もできる 仏壇以外の不用品や粗大ゴミもまとめて回収をしてくれます。 お家のお片付けや整理整頓で不要なものが出た場合に便利です。

料金

仏壇本体の処分料金 7,700円(税込)〜

※仏壇の大きさによって料金が異なります。魂抜き(お性根抜き)の料金 16,500円(税込)

事例

105cmの仏壇一基を供養させていただきました。

ご供養対象物 お仏壇、遺影、位牌
作業料金 32,000円(税込)
料金詳細 お仏壇一基(105cm) 9,000円
仏具 3,000円
御供養代 20,000円

口コミ事例もチェック! /

さらに詳しく見る

おの佛宝堂

特徴

POINT1:心のふるさと“奈良が育んだ”お仏壇専門店

1つ目のポイントは、お仏壇専門店であるということです。お仏壇についての困りごとには、基本的に何でも対応してもらえます。仏壇について、どうしていいか分からなくなってしまっている人や、急なことで専門家に相談したい人は、ご連絡してみることをおすすめします。

 

POINT2:心に寄り添う接客

「心のふるさと“奈良が育んだ”お仏壇専門店」とHPにも記載がある通り、奈良の人たちの気持ちに寄り添うようなサービスを提供しているので、ただお仏壇を処分するというようなことではなく、心をこめた対応でお客様からの口コミも高いです。

 

POINT3:お仏壇のリフォームにも対応

奈良にお住まいで、お仏壇が古くなってしまったために処分を検討している方は、お仏壇のリフォームも検討してみると良いかもしれません。おの佛宝堂では、熟練の職人がどんなお仏壇でも新品同様にリフォームしてもらえます。

 

おの佛宝堂HP:

http://www.onobuppodo.jp/

ほほえみ

特徴

POINT1:格安を約束

広告費にお金をかけない分、安くできるという強みを持っており、知る人ぞ知る奈良の遺品整理 、特殊清掃専門の便利屋です。便利屋と聞くと、良いイメージが浮かばないかもしれませんが、一般社団法人遺品整理士認定協会から遺品整理優良事業所として認定されているため安心です。

 

POINT2:奈良内はどこでも回収可能

奈良内であれば、郊外であってもトラックでの回収が可能です。どんな仏壇でも1点15,000円からトラックにて回収し解体・処分してくれます。仏壇の大きさ、種類によって料金が変動するので、詳細についてはお問い合わせください。

 

POINT3:仏壇処分だけでなく遺品整理や生前整理も可能

仏壇処分だけではなく、遺品整理、生前整理、特殊清掃、ごみ屋敷、不用品処分、古物買取、ごみ処分、シロアリやゴキブリなどの害虫駆除、コロナウイルス殺菌等、奈良内のいろいろな困りごとに対応してもらえます。

 

ほほえみHP:

https://nara-benriya.jimdofree.com/

 

なごり屋

特徴

POINT1:立合いできない方に僧侶様より証明書を発行

仏壇処分の際はそのまま処分してしまうのではなく、基本的には一度ご供養する方が多いです。なごり屋では、奈良に住んでいないなどの理由でご供養に立ち会えない方のために、ご供養終了後に僧侶様より証明書を発行し、郵送してもらうことができます。

 

POINT2:明朗会計

「仏壇処分(遺品供養)でいくらかかるか?」をお見積もり時はもちろん、追加でオーダーしたモノに関しても即座に明朗会計してもらえます。見積もりの想像がつかない方にとってはおすすめのポイントです。

 

POINT3:担当責任制度

仏壇処分(遺品供養)選任担当スタッフがついてくれるので、親身に徹底サポートしてもらえます。奈良県民の故人を想う優しい気持ちに可能な限り寄り添い、穏やかに安心できるよう心掛けられています。

 

なごり屋HP:

https://nagoriya.com/

 

RING

特徴

POINT1:見積もり・相談が無料

見積もりや相談が気軽にできることは、仏壇処分を検討する際に大切なポイントとなります。奈良にお住まいの方で、仏壇処分で困っていることがあれば一度相談してみるのが良いかもしれません。

 

POINT2:不要になった家具、家電なども高価買取り・回収

お仏壇の処分を検討している方の中には、引越し、リフォーム、大掃除などをしている方もいるのではないかと思います。お仏壇以外の個人で処分できないものも買取・回収してもらえる点は便利です。

 

POINT3:営業区域が奈良全域

奈良県内であれば、どこでも回収に来てもらえます。回収のプランは部屋の広さや、物の大きさによって決まっているので、一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか。

 

RINGHP:

http://www.nara99.jp/ring/

 

辻井蓮華堂

特徴

POINT1:お仏壇のお焚き上げ

お仏壇をただ処分してしまうのではなく、お焚き上げをしてもらうこともできます。きちんとした工程を経て、お仏壇の処分をしてもらえるので安心です。

 

POINT2:お仏壇の10年保証

仏壇処分を検討している方の中には、買い替えをする方もいると思います。買い替え時のように新しくお仏壇を購入する際、設定されている保証期間は長ければ長いほど嬉しいものです。辻井蓮華堂では、購入から10年以内に生じたお仏壇の不具合については全て無償で修復してもらえます。

 

POINT3:約100年の老舗

奈良の大和高田市での約100年の業暦(大正10年創業)があり、創業以来、大和高田市や葛城市、橿原市、御所市、広陵町、その近隣の町(奈良内)で約5000件ものお仏壇を納めている実績があります。さらにこれらのほとんどが口コミからのお客様とのことなので、いかに奈良県民から信頼されているのかが見て取れます。

辻井蓮華堂HP:

http://www.rengedo.jp/

速成寺

特徴

POINT1:お位牌処分に最低限の料金

寿量山速成寺は回収業者ではないため、お仏壇を回収してもらえるわけではありませんがお位牌の処分は可能です。かかる料金は最低限になりますので、お位牌の処分のみを検討している奈良県民の方にはおすすめです。

 

POINT2:絶対の安心感

寿量山速成寺はれっきとした寺院ですので、仏壇の位牌を処分する際にはこれ以上ない安心感があります。

 

POINT3:位牌の預かり、永代供養も可能

奈良県大和郡山市の速成寺では檀信徒問わず、位牌の預かり、永代供養を受け付けています。預けられた位牌はお寺の本堂位牌壇にご安置し永代にて供養されます。

 

速成寺HP:

https://www.sokujouji.jp/

 

おぶつだんの辻井本店

特徴

POINT1:人件費+処分費用のみでの作業

自宅をリフォームするなどでお仏壇の移動が必要になった場合、奈良県内であれば人件費のみで作業をしてくれます。1人1時間あたりの費用×作業時間×作業人数と処分費用での計算になるので、料金がシンプルで分かりやすいです。

 

POINT2:見積もりを考えやすい

半間の仏間に設置されているお仏壇だと作業人数が3人程、大きいお仏壇になると4人出動となるため、見積もりの概算額を算出しやすいです。

 

POINT3:お仏壇の洗い・修理も可能

古くなったことが原因の仏壇処分をしなくても済むように、洗いや修理を頼むことができます。洗いをする時は、この部分は彩色を描いてほしい等の細かいご注文にも対応可能です。

おぶつだんの辻井本店HP:

https://itp.ne.jp/info/295842611158641930/menu/

 

関西回収.com

特徴

POINT1:自社一貫作業によるお値打ち価格

お仏壇を含む不用品の回収から処分までを一貫して行っているため、中間マージンがかからず価格を抑えることができます。また、料金体系も明瞭でわかりやすいため、気軽にお仏壇の回収を依頼することができます。

 

POINT2:安心・安全

行政より各種許認可取得済みの上で活動を行っているため、安心して依頼ができます。また、不用品以外の財産を傷つけることなく、安全に作業を行うことが徹底されています。電話のオペレーターが女性で、気軽に電話しやすいのもポイントです。

 

POINT3:買取や分別整理に特化したスキルを持つスタッフ

地元奈良市に創業して以来39年の歴史がある不用品回収の会社なので、これまでに培ってきた多くのノウハウが社員に継承されています。運搬・回収までプロのテクニックでスムーズに行ってくれるので、自身では困難であったお仏壇の処理まで迅速に完了することが可能です。

関西回収.comHP:

https://kansai-kaisyu.com/

関西プロスタッフ

特徴

POINT1:エリア実績No.1の「超」スピード対応

テレビ朝日の取材も受けたことのある、関西エリア実績No.1の不用品回収業者で、奈良県内では受付から訪問まで最短60分で駆けつけます。

 

POINT2:遺品整理士が在籍

遺品整理士が在籍しているため、不用品回収業者だからと言って、ただ仏壇処分をしてしまうわけではなく、きちんと供養もしてもらえます。お仏壇等の遺品を整理したいだけでなく、きちんと供養までしたいと考えている方におすすめです。

 

POINT3:年中無休

関西プロスタッフは年中無休で営業しており、電話対応も年中無休で9:00〜20:00まで対応してもらえます。すぐに来てもらえるだけではなく、日にちを選ばず、いつでも来てもらえるということは、忙しい方にとっては大きなポイントです。

 

関西プロスタッフHP:

https://fuyohin-kansai-pro.com/

 

仏壇供養処分.com

特徴

POINT1:格安料金

最安値1,500円という料金から利用できます。運送費、人件費、移動によるガソリン代や高速代などに対して料金はかかりません。お仏壇だけでなく、その他の仏具も引き取ってもらえるのもポイントです。

 

POINT2:電話一本で即日引き取り

大阪・兵庫・京都・奈良 ・和歌山・滋賀へメール・電話1本で即日引き取りに来てくれます。お仏壇の大きさにより料金が異なるので、連絡前にお仏壇の横幅・高さ・奥行きを計ってから連絡すれば、即値段を提示してもらえます。

 

POINT3:全宗派対応

宗派を問わず利用できます。「仏壇処分業者がどの宗派の仏壇処分に対応しているかを事前に調べないといけない」といったことがないので、メールや電話で気軽に相談できます。

 

仏壇供養処分.comHP:

http://www.butsudanshobun.com/nara.html

 ————————

京都は着倒れ、大阪は食い倒れ、そして「奈良の寝倒れ」とは昔からよく言われていることです。

大阪、京都が好きなものにお金をかけて破産するのに対し、奈良は「何もしないで、さっさと寝て身上をつぶす」と言う意味が込められています。

一方で、そんなゆったり流れる時間こそが奈良の魅力です。

ですが、お仏壇のことに関しては、つい「ゆったり」してしまって、処分せずに放置してしまうのはよくありません。

お仏壇が古くなってしまっていたり、忙しくて放置してしまっているようなお仏壇があったりするような状況では、ご先祖様はそれこそゆっくりすることができません。

ご先祖様を大切にしたい気持ちがあるのであれば、早めに手を打つことをおすすめします。

ですが、そうは言っても、どのタイミングでお仏壇を処分すれば良いのか分からない方も多いのではないかと思います。

今回は、そんな方のために、お仏壇を処分するタイミングについて解説していこうと思います。

お仏壇を処分するタイミング

お仏壇を処分するタイミングは人それぞれですが、主に以下の3つのタイミングで行う人が多いです。

  1. お墓の世話ができる人がいなくなり墓じまいをする時
  2. 家を引っ越したり壊したりする時
  3. お仏壇が古くなって新しいお仏壇に買い替える時

それぞれについて詳しく説明していきます。

1.お墓の世話ができる人がいなくなり墓じまいをする時

少子高齢化や核家族化、過疎化等の影響により、お墓の世話ができなくなってきているご家庭が増えてきています。

お墓の世話をする人がおらず放置されてしまったお墓は「無縁墓」と呼ばれており、近年増加傾向にあります。これは、奈良においても例外ではありません。

「今後、お墓を守る人がいなくなる」「お墓が遠くて、お参りに行けない」「自分は3人兄弟の長男。兄弟全員が結婚して家庭をもっていて、実家のお墓をどう管理していけばいいのか分からず困っている」。

このような悩みを抱えている人は多く、お墓の後継ぎがいないといった理由でお墓を解体・撤去してさら地に戻す「墓じまい」をする人が増えています。

ですが、墓じまいとは決してこのようなネガティブな理由だけで増加しているわけではなく、価値観の多様化が生んだ結果でもあります。

多様な生き方を自由に選べる時代になった現在では、お墓に対しても自分らしさや個性を求める傾向が高まっています。

このような要望に応えるような形で、夫婦用や一人用のお墓など「家族で入るもの」「代々受け継ぐもの」という昔ながらの観念にとらわれない様々なタイプのものが登場するようになりました。

お墓に対する価値観の多様化や、承継を前提としないお墓の登場によって「後世に負担をかけたくない」「無理してお墓参りしなくともよい」と考える方が増えたことも、墓じまいが多く行われるようになった要因のひとつです。

このように近年になって頻繁に行われるようになってきた墓じまいですが、この墓じまいの際に、一緒に仏壇処分をする場合があります。

なぜなら、お墓の後継が見つからないような場合は、お仏壇の世話をする人もいなくなってしまうケースが多いからです。

お墓の後継者に悩んでいる方や、後世にお墓の世話という負担をかけたくないという方は、墓じまいを検討する際に、一緒にお仏壇を処分することを考えてみてください。

2.家を引っ越したり壊したりする時

日本で「人口が減ってきている」ということを認識している方は多いと思いますが、逆に人口が減ってきているにも関わらず「世帯数は大幅に増加している」ということを認識している方は少ないのではないでしょうか。

総務省から、2019年1月1日の住民基本台帳に基づく人口動態調査が発表されていますが、それによると、日本の人口は1億2477万人で前年から41万人減少しています。

また、執筆時の最新のデータによると2021年5月1日の時点での日本の人口は1億2536万人となっており、日本の人口が減ってきていることは言うまでもありません。

奈良もその例外ではなく、毎年0.6~0.7%程度人口が減少しています。

このような状況から考えると、世帯数もそれに伴って減少しているのではないかと思う方もいると思いますが、実は世帯数は大幅に増えているのです。

原因としては、単独世帯や核家族の増加が挙げられ、1世帯1つの住宅に住むような生活スタイルが基本となっているのです。

また、現在単独世帯の割合は35%前後となっており、2040年には単独世帯の数が40%程度になると推測されています。

この単独世帯の多くは賃貸住宅に住んでおり、全国平均で62.4%、都市部の大半では70%を超えています。

このように、日本において賃貸住宅の需要は増加していますが、持ち家、特に一戸建て住宅の需要は減少しているのです。

これにより、お仏壇のある持ち家から賃貸へと引っ越しをしたり、誰も住まなくなる一戸建て住宅を取り壊したりする方が増えています。

賃貸では、どうしてもお仏壇を構えることは難しいと感じる方が多いので、その際にお仏壇の処分を決断するケースは多いです。

一戸建てから賃貸へのお引越しの予定のある方や、家を取り壊す予定のある方は、お仏壇の処分を検討してみるのも良いかもしれません。

3.お仏壇が古くなって新しいお仏壇に買い替える時

お仏壇というものは何十年も変わらず家にあるものですが、どうしても古くなったお仏壇を新しいお仏壇に買い替えるタイミングというものは来てしまいます。

そのタイミングとして最も多いのが、家を新築するタイミングです。

自分たちだけが新しい場所で過ごすのではなく、仏様やご先祖様、大切な方も新しいお仏壇に安置してあげたいと思う人は、このタイミングが古いお仏壇の処分時でしょう。

新しいお仏壇を購入する際は、古いお仏壇を無料で処分してくれる業者も多く、他のタイミングに比べてお得に処分できる可能性が高いので、最もおすすめのタイミングです。

だからと言って、新しいお仏壇に買い替えることだけが、ここでの選択肢というわけではありません。

古くなったお仏壇を洗い(クリーニング)に出すことで、新品のようにすることも可能です。また、必要に応じて、修理・修復を行ったり、装飾に手を加えたりすることで、新しいお仏壇に生まれ変わらせることもできます。

ですが、引っ越しの際の荷物が単純に多くなってしまうため、費用がかかりやすいというデメリットがあります。

家を新築する方は、古いお仏壇をお得に処分して新しいお仏壇に買い替えるか、洗いに出して新品同様の状態にしてみてください。

自分に合ったタイミングでお仏壇の処分を

お仏壇を処分するタイミングは人それぞれです。

ですが、処分しようと考えているのに、いつまでも処分できずにいるような方は、上記で紹介したタイミングやその考え方を参考に、なるべく早めにお仏壇を処分してみて下さい。