仏壇処分・供養ができる業者比較ランキング

東京で仏壇を処分するならどこが良い?

東京を中心としたエリアで仏壇の処分ができる業者を徹底的に比較しました。
値段や口コミ、スタッフの対応などの項目別におすすめの業者をご紹介します。
仏壇を粗大ゴミとして処分するのではなく、魂抜き(閉眼供養)やお焚きあげを行うことができる仏壇処分業者もあります。
一括して1つの業者に依頼することで、費用を安くして、正しく処分することができますよ。

仏壇供養の一休

対応エリア 大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・三重県・奈良県・和歌山県・三重県・福井県・愛知県・静岡県・長野県・岐阜県・岡山県・香川県・徳島県・山梨県・神奈川県・埼玉県・東京都・茨城県・千葉県・栃木県・群馬県・岡山県・広島県・島根県・鳥取県・山口県
種類 仏壇回収、魂抜き(閉眼供養)、仏壇処分、遺品整理、不用品回収など
24時間365日受付 年間3,000件対応 ご供養証明書発行 料金が安い 見積り無料 不用品回収 遺品整理 魂抜き(閉眼供養)ができる

特長

POINT1丁寧なのに安い! 仏壇供養の一休の特徴はなんといっても仏壇処分の料金が安いこと! 安いのに作業は丁寧で、相談にも乗ってくれるので、仏壇処分の知識がない人も安心して依頼できます。
POINT2供養がしっかりできる業者 仏壇の処分のみを行う業者はたくさんありますが、仏壇供養の一休はその名の通りしっかり”供養”をしてくれます。 宗派に沿った形で魂抜き(閉眼供養)を依頼できます。 お坊さんがお仏像や位牌や遺影のお焚き上げをするサービスもありますよ。
POINT3不用品回収もできる 仏壇以外の不用品や粗大ゴミもまとめて回収をしてくれます。 お家のお片付けや整理整頓で不要なものが出た場合に便利です。

料金

仏壇本体の処分料金 7,700円(税込)〜

※仏壇の大きさによって料金が異なります。魂抜き(お性根抜き)の料金 16,500円(税込)

事例

105cmの仏壇一基を供養させていただきました。

ご供養対象物 お仏壇、遺影、位牌
作業料金 32,000円(税込)
料金詳細 お仏壇一基(105cm) 9,000円
仏具 3,000円
御供養代 20,000円

口コミ事例もチェック! /

さらに詳しく見る

おぶつだんの里

特徴

POINT1:安心の価格設定

高さと幅、奥行きを基準として、明確かつ業界最低水準の価格設定がされていることが一つ目の特徴です。また、供養後にはどこの寺院でどのように供養を行なったのかを示す供養証明書も発行してくれます。

POINT2:本尊や位牌だけの供養にも対応

仏壇処分に対応していることはもちろん、仏壇以外の仏具の処分・供養にも対応してくれます。

POINT3:仏事コーディネーターに全てを任せられる

仏壇処分は頻繁に行うものではないため、勝手がわからないという方も多いはずです。おぶつだんの里では、回収から供養までを仏事コーディネーターが責任を持って対応をしてくれるので、不安になることなく依頼することができます。

おぶつだんの里HP:

https://obutsudannosato.com/

翠雲堂本店

特徴

POINT1:東京全域での仏壇処分に対応

仏壇店翠雲堂本店で仏壇を買い換えた場合には、古仏壇の引き取りを格安料金にて行なってもらうことができます。また以前に購入しており、処分だけを依頼する場合でも、東京全域での処分に対応してもらえるということが一つ目の特徴です。

 

POINT2:処分の際に必ず焚き上げをしてもらえる

仏壇処分を依頼する場合には、供養をしてもらえないということもよくあります。仏壇店翠雲堂本店では、確実に仏壇の供養をしてもらうことができるため、別途、供養業者を探す必要がありません。

 

POINT3:仏壇を購入する場合にはクーポンを使用することができる

仏壇の買い替えを検討している方に嬉しいクーポンがあることが三つ目の特徴です。HPやLINEからクーポンを取得できるので、買い替えを検討している方にはおすすめできます。

 

翠雲堂本店HP:

https://suiundo-honten.co.jp/butsudan/disposal/

 

すぐ片付け隊

特徴

POINT1:駆けつけるのが早く、即日対応も可能

回収をするためのトラックの稼働台数が業界最大級であり、全てのトラックにGPSが掲載されているため、迅速な対応をしてもらえるということが一つ目の特徴となります。

POINT2:安価な回収料金で依頼ができる

通常の業者では、何点の不用品を処分するのかや定額のプランによって料金設定がなされています。しかし、すぐ片付け隊では、回収品の占める占有割合に応じて料金が決まるため、無駄な料金がかからず安価な料金での仏壇回収が可能となります。

POINT3:キャッシュレス決済に対応している

VISAやMasterなどのクレジットカードに加え、PayPay決済などのキャッシュレス決済にも対応していることが三つ目の特徴となります。

すぐ片付け隊HP:

https://sugukataduketai.com/

エコ回収

特徴

POINT1:エコに仏壇回収をしてもらえる

一つ目の特徴は、地球に優しいエコな回収をしてもらえるという点です。仏壇の多くが粗大ゴミとして処分されますが、エコ回収では、大切に手入れを施したのち、リユース販売をされるため地球に優しい処分をすることができます。

POINT2:買取にも対応してもらえる

エコ回収では、仏壇処分以外にも、需要の高い不用品の買取にも力を入れています。仏壇以外にも処分したいものがあるという方には買取を利用するのがおすすめです。

POINT3:1分での無料見積もりが可能

三つ目の特徴は、素早く簡単に見積もりをしてもらうことができるという点です。見積もり料は無料ですので、不用品として処分をすることを考えている方は一度買取に伝の見積もりを出してみてはいかがでしょうか。

エコ回収HP:

https://www.eco-kaishu.jp/items/%E4%BB%8F%E5%A3%87/

ケイアクティング

特徴

POINT1:仏壇処分以外の不用品処分にも対応してもらえる

仏壇処分のついでに、仏具や古くなったタンスを処分してもらうなど、どのような不用品の回収でも対応してもらえることが一つ目の特徴となります。

POINT2:引き取りから供養、処分までを一貫して対応してくれる

ケイアクティングでは、引き取りから供養、処分までの全ての作業を一貫して対応してくれます。そのため、供養を行ってくれるお寺探しや、供養後の仏壇処分をしてくれる業者探しなどをする手間が省けるという点が二つ目の特徴です。

POINT3:安い処分費用で依頼することができる

仏壇処分や供養にかかる費用や出張費用などを全て含めて、18,000円から依頼することができます。処分費用だけで2,3万円、その料金に出張費として1,2万円がかかるという業者も多いので、全て含めて2万円程度から依頼できるのは安価であると言えます。

ケイアクティングHP:

https://k-acting46.com/butudan-syobun-ihinseiri/

京花

特徴

POINT1:無料の相談会を実施している

仏壇処分について詳しくわからないという方も多いのではないでしょうか。
京花では、仏壇処分についてわからないことを聞ける無料の相談会を実施しているということが一つ目の特徴となります。

POINT2:親切で丁寧な対応をしてもらえる

京花の特徴の二つ目としては、親切かつ丁寧に仏壇処分を行ってくれるということが挙げられます。仏壇の回収はもちろん、焚き上げ供養の日時連絡や供養終了の連絡などをこまめにしてくれる丁寧さが魅力です。

POINT3:創業55年の歴史と実績がある

東京において55年間の歴史と実績が蓄積しているということも特徴の一つです。長くお客様から信頼されてきたという証にもなるため、東京での仏壇処分の際には安心して処分を依頼できる業者と言えるでしょう。

京花HP:

https://sougi-critic.com/column/post-10286/

Be助っ人

特徴

POINT1:大手に無い細かなサービス

時代や生活の変化とともに多様化するニーズに細かく答えてくれることが一つ目の特徴です。Be助っ人では、仏壇処分以外にもさまざまな作業のニーズを汲み取って、お客様に最適なサービスを提供してくれます。

POINT2:地域密着で対応してくれる

東京・多摩地区を中心に、地域を絞ることで迅速な対応やその特色や地理を把握していることが二つ目特徴です。一部の地域に特化して業務を行うため移動距離が少なくなり、安価な料金での仏壇処分も可能としています。

POINT3:無料相談・見積もりが可能

電話またはメールにて、無料での相談と見積もりを依頼することができるというのが三つ目特徴となります。メールでの問い合わせは24時間受け付けているので、疑問点があればすぐに問い合わせることが可能です。

Be助っ人HP:

http://help.be9679.com/

パワーセラー

特徴

POINT1:希望日時でのスケジュール調整がしやすい

東京や埼玉、千葉、神奈川エリアにて10台以上ものトラックが毎日稼働しています。そのため、仏壇処分の日程を依頼する際に、お客様の希望するスケジュールに合わせて処分を依頼しやすいということが一つ目の特徴となります。

POINT2:仏壇以外にもさまざまな不用品回収をしてもらえる

仏壇処分以外の不用品でも回収をしてもらえるということが二つ目の特徴です。回収するものの状態や需要によっては買取処分を依頼することもできます。

POINT3:回収してもらった不用品で途上国の支援に繋がることがある

回収した不用品がカンボジアやフィリピンといった東南アジアに輸出され再利用される可能性があることが三つ目の特徴となります。そのため、仏壇処分や不用品処分を通して社会貢献に取り組むことが可能です。

パワーセラーHP:

https://www.2060.jp/qanda/284.html

成田屋

特徴

POINT1:遺品整理業者であるからこその安心感がある

故人の遺品に込められた気持ちを大切にして、整理・処分をしてくれる業者であるため、仏壇処分も安心して依頼することができます。毎日手を合わせてきた仏壇を乱雑に扱われることはありません。

POINT2:親身になって相談に乗ってくれる

仏壇や仏具などをどのように処分すると良いか分からないという方も多いことでしょう。成田屋では仏壇処分に関する疑問や悩みに、親身になって相談に乗ってくれるという特徴があります。

POINT3:24時間受け付けに対応している

24時間いつでも受付に対応してくれます。急な依頼が必要という場合には成田屋に問い合わせをしてみると迅速な対応をしてもらうことができるでしょう。

成田屋HP:

http://www.naritaya24.co.jp/m/ihinn.html

Brainz

特徴

POINT1:年中無休・即日対応可能

年中無休で即日での対応が可能ということが一つ目の特徴となります。また、平日休日関係なく夜は20時まで営業しているので、日中は厳しいという会社員の方でも利用可能です。

POINT2:東京全域での仏壇処分に対応可能

東京23区や多摩地区など東京全域での仏壇処分に対応してもらうことができます。仏壇処分に対応してくれる業者は多くないので、どのエリアでも回収に来てもらえることは大きな利点と言えるでしょう。

POINT3:どのような不用品でも回収を依頼できる

仏壇以外にも自宅に不要なものがあればなんでも回収を依頼することができます。自宅を整理したいという方は、仏壇以外にも不要なものをまとめて処分することで、他の業者を探す手間が省けます。

Brainz HP:

https://club-brainz.jp/%E4%BB%8F%E5%A3%87%E5%87%A6%E5%88%86%EF%BD%9C%E4%B8%8D%E7%94%A8%E5%93%81%E5%9B%9E%E5%8F%8E%EF%BC%88%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%81%82%E3%81%8D%E3%82%8B%E9%87%8E%E5%B8%82%EF%BC%89/

武蔵ホームサービス

特徴

POINT1:お寺での供養にも対応してもらえる

仏壇回収はもちろん、お寺での焚き上げ供養も手配してもらえることが一つ目の特徴となります。ご先祖様を大切に思っているという方は、焚き上げまでを丁寧に進めてくれる業者がお勧めです。

POINT2:明朗会計のため安心して依頼ができる

見積もり料は無料であり、見積もりよりも高い金額が請求されることはないということが二つ目の特徴です。分かりやすく見積もり料を提示してくれるため、安心して依頼することができます。

POINT3:仏壇以外のものでも供養を依頼することができる

神棚や写真など、処分しにくいものや気になる遺品があれば、仏壇と合わせて供養を依頼することができるのが三つ目の特徴となります。

武蔵ホームサービスHP:

https://musashi-cleanservice.com/itabashi-2/

—————————-

日本最大の都市・東京では仏壇処分をする人も多い

若手ビジネスマンはもちろん、老齢者夫婦、また外国人居住者。

日本の首都であり最大の都市でもある東京には、多種多様な方が数多く住んでいます。

さまざまな人と交流できる機会があり、忙しくない日はない。

そんな特徴のある東京では、仏壇の手入れや管理に手が回らないため、仏壇処分を検討しているという方も多数いらっしゃるのではないでしょうか。

これは、東京だけでなく日本全体に言えることではありますが、仏壇を管理し続けることが困難であると考える日本人は半数を優に超えており、今後の社会ではますます仏壇処分の数が増えていくと予想されています。

しかし、仏壇処分をする際に問題となってくるのが、どのように処分すると良いのかということ。

ここでは、東京で仏壇処分をする際に参考にしたい、宗派ごとの仏壇の違い・特徴と処分方法について解説していきます。

宗派ごとの仏像の違い・特徴について

仏壇には大きく2種類の仏壇があります。

金仏壇は、主に浄土真宗本願寺派・大谷派に、唐木仏壇はその他の宗派で使用されることが多いです。

  • 金仏壇

金仏壇は、全体が黒色で漆塗りされており、内部には金箔が張ってある厳かな雰囲気の漂う仏壇です。

寺院を模したかのような金仏壇は、浄土の世界を表現していると言われています。

  • 唐木仏壇

唐木仏壇は、シンプルな見た目が特徴の仏壇となっており、黒檀や紫檀などの唐木を使った仏壇となります。

宗派ごとの仏具・ご本尊の違い・特徴について

8宗派の仏具・ご本尊の違いと特徴について解説していきます。

  • 真言宗

真言宗のご本尊には、大日如来を祀ります。

また、仏具の飾り方としては、ご本尊に向かって右側に弘報大師の掛け軸や仏像を、向かって左側に不動明王の掛け軸や仏像を飾る点が特徴です。

  • 天台宗

天台宗のご本尊には、特に規定はありませんが阿弥陀如来を祀ることが多いです。

仏具の飾り方としては、ご本尊に向かって右側には天台大師の掛け軸や仏像を、向かって左側には伝教大師の掛け軸や仏像を飾ります。

  • 浄土宗

浄土宗のご本尊には、阿弥陀如来を祀ります。

仏具の飾り方としては、ご本尊に向かって右側に、高祖善導大師の掛け軸や仏像を、向かって左側には圓光大師(法然上人)の掛け軸や仏像を飾る点が特徴です。

  • 浄土真宗本願寺派

浄土真宗本願寺派のご本尊には、阿弥陀如来を祀ります。

仏具の飾り方としては、ご本尊に向かって右側に、親鸞聖人の影像や十字名号を、向かって左側には蓮如上人の影像または九字名号を飾る点が特徴です。

  • 浄土真宗大谷派

浄土真宗大谷派のご本尊には、阿弥陀如来を祀ります。

仏具の飾り方としては、ご本尊に向かって右側に、十字名号「帰命尽十方無碍光如来」か、親鸞聖人の影像を、向かって飛騨あり側に九字名号「南無不可思議光如来」か、蓮如上人の影像を飾る点が特徴です。

  • 日蓮宗

日蓮宗のご本尊には、大曼荼羅を祀ります。

仏具の飾り方としては、ご本尊に向かって右側に、関東では大黒天の掛け軸や仏像を、関西では鬼子母神の掛け軸や仏像を飾り、向かって左側に関東では鬼子母神の掛け軸や仏像を、関西では大黒天の掛け軸や仏像を飾る点が特徴です。

  • 曹洞宗

曹洞宗のご本尊には、釈迦牟尼仏を祀ります。

仏具の飾り方としては、ご本尊に向かって右側に、高祖道元禅師の掛け軸や仏像を、向かって左側には太祖瑩山禅師の掛け軸や仏像を飾る点が特徴です。

  • 臨済宗

臨済宗のご本尊には、釈迦牟尼仏を祀ります。

仏具の飾り方としては、ご本尊に向かって右側に、達磨大師の掛け軸や仏像を、向かって左側には観世音菩薩の掛け軸または仏像を飾る点が特徴です。

ただし、臨済宗妙心寺派は、向かって右側に開山無祖大師の影像を、向かって左側には花園法王の影像を飾ります。

仏壇処分をする方法とは

上述したものが宗派ごとに異なる仏壇の特徴となります。

では実際に仏壇処分をするとなれば、どのような流れ・方法で処分することができるのでしょうか。

仏壇処分の方法は以下の通りです。

  1. 菩提寺に仏壇処分を依頼する
  2. 仏具店に仏壇処分を依頼する
  3. 仏壇処分専門業者に仏壇処分を依頼する
  4. 遺品整理業者に仏壇処分を依頼する
  5. 不用品回収業者に仏壇処分を依頼する
  6. 自治体の粗大ゴミとして処分する

1.菩提寺に仏壇処分を依頼する

一つ目に紹介する処分方法は、菩提寺に処分を依頼するという方法です。

菩提寺とは、先祖の位牌を納めているお寺のことで、常日頃から事あるごとにお世話になっているお寺のことを指します。
宗派ごとに多少流れに変動はありますが、仏壇をお寺に持ち込み、仏壇から

魂を抜くための閉眼供養、焼却して天に命を還すための焚き上げ供養などをお寺の住職に行ってもらうというのが菩提寺での仏壇処分の流れです。

費用としては、1万円〜10万円ほどかかることが多いですが、お寺によってまちまちなので、いくらかかるのかを明確に把握することは難しくなります。

2. 仏具店に仏壇処分を依頼する

菩提寺に仏壇処分を依頼する方法とともに仏具店に仏壇処分を依頼するという方法はよく利用される方法です。

この方法でも、閉眼供養と焚き上げ供養を行ってもらえることが多く、仏壇の回収から供養までを全て仏具店側で進めてくれ手間がかからないということが大きなメリットとして存在します。

店舗で新しい仏壇を購入しなければ処分してもらえないことも多いですが、基本的な処分費用としては1万円前後という格安料金となっているため、東京で仏壇の買い替えを検討している方にはおすすめです。

3. 仏壇処分専門業者に仏壇処分を依頼する

こちらの方法は、安価な費用で済み、高い品質でサービス提供をしてもらえる方法となります。

「仏具店での仏壇処分は仏壇購入者に限ることが多い」と上述しましたが、仏壇処分専門業者を利用すれば、仏壇の購入履歴は関係なくどのような仏壇の処分にも対応してもらうことが可能です。

また、閉眼供養や焚き上げ供養にも対応しているお店が多いことも一つのポイントとなります。

費用としては、3万円〜8万円前後で料金設定をされているお店が多いです。

4. 遺品整理業者に仏壇処分を依頼する

四つ目の処分方法は、遺品整理業社に仏壇処分を依頼するという方法です。

遺品整理業社の中には、供養を行ってくれるお寺と提携しているという業者も多いため、閉眼供養や焚き上げ供養までを手配してくれることも少なくありません。

メリットとしては、仏壇処分にかかる費用が明確であるということと、処分にかかる手間がほとんどないということなどです。

デメリットとしては、ご自身で業者探し・比較をする必要があることや、業者がしっかりと供養をしてくれているのかを自分の目で見られないことがあります。

5. 不用品回収業者に仏壇処分を依頼する

仏壇を不用品回収業者に処分してもらう方法は、手間をかけずに行う処分方法の中で最も安く抑えられる方法となります。

多くの業者で、「○キロ○円」というような料金設定をしているので、仏壇以外にも処分したいものがある場合に、まとめて処分に出すと格安での処分に繋がります。

ただし、閉眼供養や焚き上げ供養をしてもらうことはできませんので、適切な手順で仏壇処分を進めたい方にはおすすめしません。

6. 自治体の粗大ゴミとして処分する

仏壇が処分できればどんな方法でも良いという方には、自治体に粗大ゴミとして出すという方法も一つ考えられます。

メリットとしては、非常に安い値段で処分ができ、手続きも簡単でスムーズに仏壇処分を進められるという点があります。

ただし、仏壇をゴミとして処分することを良しとしない方から批判的な視線を浴びせられることも少なくなく、自治体によっては仏壇処分ができないような自治体もあるといったデメリットもありますので、粗大ゴミとして処分する際には注意が必要です。